天狗缶詰株式会社
テングカンヅメ
  • 正社員
業種
食品
商社(食料品)
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

◆日本全国、きっとあなたも給食で食べているはず!

業務用缶詰・びん詰・レトルト食品のメーカーとして、
創業90年以上の歴史を持つ天狗缶詰。
全国の学校給食のほか、外食産業・レストランや
大手食品メーカー・コンビニ向けに製品を提供しています。
うずら卵から、季節の食材、フルーツ、おでんまで。
「食を通じて人を幸せにする」企業をめざし、
多彩な食材を、手軽で美味しく安全に使える形でお届けしています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

うずら卵からおでんまで。可能なかぎりの食材を、缶詰に。

料理のアクセントとなる、うずら卵やマッシュルーム、ぎんなん。文化祭の屋台で大活躍するカットパイン缶。10年ほど前にブームとなった秋葉原の自販機の「おでん缶」。たけのこやアスパラといった季節野菜に、寒天、豆、栗、シーフードなど。天狗缶詰は「缶詰にできるものならすべて」と言っていいほど、多彩な食材の缶詰・びん詰・レトルトパウチ食品を製造・販売しています。でも社名を聞いたことがない? それもそのはず、当社の製品のほとんどが、学校給食や外食産業・レストラン、大手食品メーカー向けといった業務用なのです。食を通じて人を幸せに。そんな思いで、これからも私たちは、お客様のニーズに応え缶詰の可能性に挑み続けます。

社風・風土

思ったことを言い合える職場風土から、アイデアが生まれる。

従業員総勢285名の当社は、決して大きな企業ではありません。いち部署の人数は多くて十数名。だからこそ一人ひとりが担当する仕事は幅広いと同時に成長への養分になっています。人数が少ないから、様々なキャリア・年齢・役職の社員との距離が近く、話し合える環境があります。キャリアに関わらずそれぞれが考え、アイデアを出し、工夫する。そんな風土が当社にはあります。

採用方針

90年以上続くブランドを担う、将来の中核として期待。

こうして大々的に新卒を募集するのは、将来の中核となる人材が必要だからです。時代とともに変化するお客様の商品や品質へニーズに応え続けていくためには、新しい世代が必要なのです。私たちが求めるのは、「真摯に向き合う」「食を通して人を幸せにする」という当社の理念に共感できる人。そして自分の仕事の範囲を限定せず、広い視野を持ち、さまざまな方法でよりよい製造活動・営業活動に取り組む意志がある人。そんな人に、将来の天狗缶詰を担っていただきたいと期待します。■代表取締役社長 伊藤圭太郎

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

■総合職(営業)■
天狗ブランドを広く販売する営業。

■総合職(品質管理)■
天狗ブランドを守る品質管理。

■総合職(仕入)■
国内外の原料や商品の仕入れを担当。

会社データ

事業内容 業務用・給食用缶詰・びん詰およびレトルト食品の製造・輸入・販売
ショッピングサイト「もっとCan(直営)」「e-缶詰屋こてんぐ(楽天市場)」の運営
おもな製品群 うずら卵、豆、栗、フルーツ、きのこ、野菜、スープ・ソース、デザート、シーフードなど

■缶詰にできる食品はすべてと言っていいほど製品化しています。ただし、熱によって変色しやすい葉物野菜やメロン・スイカといった果物、水分を吸収して伸びやすい小麦粉のめんや米飯など、缶詰に向かない食材は除きます。
■缶詰のほかびん詰や、近年ではお客様のニーズに合わせて豆やきのこなどの袋詰も手がけています。袋詰製品は、全生産量の半分以上を占めています。
主力製品・独自製品 ■うずら卵
天狗缶詰を代表する製品である、うずらのゆで卵。水煮のほか、2種類(中華・スモーク)の味付けを取りそろえています。
先代社長が、屋台で食べたラーメンに入っていたうずらのゆで卵を見て、缶詰にすることを発案したのが、この商品誕生のきっかけ。現在では国内最大のうずら卵産地である愛知県豊橋市の、15軒の農家と提携。飼育段階から当社のスタッフが関わり抗生物質使用量などを厳しく管理して生産された卵を、隣接する愛知県豊川市にある三河工場で新鮮なうちに加工しています。

■国産マッシュルーム
国内一の生産量を誇る千葉県のマッシュルーム農家。堆肥にまでこだわり無農薬・有機栽培を行う同社の姿勢に共感し、シェア拡大に貢献したいとの思いから、同社のマッシュルームを原料に採用しました。
手間ひまかけて育てられたマッシュルームを、素材の味を活かす特許出願中の新製法で、うまみを損なわず加工した、その名も「うまみ丸ごとマッシュルーム」は、全国の学校給食で利用されています。

※うずら卵と国産マッシュルームは、食糧自給率アップに貢献する、国内産原材料による製品です。


■おでん缶
自動販売機で売られ話題となった、一般消費者向けこてんぐブランドのおでん缶は、1985年の発売以来、味と具材の改良を重ね、現在で5代目。通常の賞味期限3年のものに加え、災害備蓄用に5年の長期保存が可能なタイプも発売しています。
設立 1949(昭和24)年4月14日
●創業は1923(大正12)年4月18日
資本金 9000万円
従業員数 285名
●定着率が高いため、平均年齢は43歳と、少々高めです。
売上高 105億円(2016年9月期実績)
代表者 代表取締役社長 伊藤 圭太郎
事業所 ■本社
名古屋市中区金山1-12-14 金山総合ビル6F

■工場
白鳥工場/豊川市白鳥町原溝28-1
三河工場/豊川市御津町佐脇浜二号地1-17

■営業所
札幌営業所/札幌市豊平区美園10条6-1-19
仙台営業所/仙台市青葉区五橋1-1-583
東京営業所/東京都品川区南大井6-17-15
名古屋営業所/名古屋市中区金山1-12-14
大阪営業所/大阪市西区南堀江4-17-189
広島営業所/広島市中区中町7-41
福岡営業所/福岡市博多区光丘町1-3-3

■配送センタ-
豊川市御津町佐脇浜二号地1-17
委託工場 国内10工場
海外30工場(中国・タイ・南アフリカ、ほか)
沿革 1923(大正12)年 天狗食品工場を名古屋市南区に創設
1943(昭和18)年 農林省食品局長通牒による企業合同で、
            缶詰部門を愛知県缶詰興業株式会社に移管・合同
1946(昭和21)年 天狗缶詰工場として復活再開
1949(昭和24)年 天狗缶詰株式会社に改組 資本金100万円
1961(昭和36)年 豊川工場新設
1970(昭和45)年 名古屋営業所開設
1971(昭和46)年 東京営業所開設
1973(昭和48)年 大阪営業所開設
1979(昭和54)年 資本金4500万円に増資
1981(昭和56)年 仙台営業所開設
1981(昭和56)年 資本金9000万円に増資
1982(昭和57)年 福岡営業所開設
1982(昭和57)年 札幌営業所開設
1982(昭和57)年 白鳥工場開設
1983(昭和58)年 広島営業所開設
1988(昭和63)年 白鳥配送センタ-新設
1996(平成8)年  三河配送センタ-新設
1996(平成8)年  白鳥工場第2工場新設
1999(平成11)年 豊川工場を移転し三河工場をHACCP対応工場として新設
1999(平成11)年 インターネットショップ e-缶詰屋「ネットショップこてんぐ」を開設
1999(平成11)年 売上高100億円を達成
2005(平成17)年 白鳥工場をHACCP対応工場に全面改築
2005(平成17)年 本社・名古屋営業所を現在地に移転
2007(平成19)年 三河工場 ISO9001 登録承認
2010(平成22)年 白鳥工場 ISO9001 登録承認

連絡先

天狗缶詰株式会社
〒460-0022 名古屋市中区金山1-12-14 金山総合ビル6F
採用担当/総務 湯澤、柴田
■TEL 052-300-5555

【ホームページURL】http://tgc-tengu.co.jp/
掲載開始:2017/03/01

天狗缶詰株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

天狗缶詰株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)