株式会社日立情報通信エンジニアリング
ヒタチジョウホウツウシンエンジニアリング

株式会社日立情報通信エンジニアリング

日立グループ/情報/通信/エンジニアリング/日立製作所100%出資
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • OpenES
  • 正社員
業種
情報処理
ソフトウェア/コンピュータ・通信機器・OA機器/半導体・電子部品・その他
本社
神奈川、東京
社会を支えるのは、枯れない好奇心だ。

私たちはこんな事業をしています


私たちは、高度なエンジニアリング力と高付加価値ソリューションで先進のITプラットフォームを
創り上げるとともに、さまざまな分野のお客さまやパートナーとの協創を通じてビジネスと社会を革新していきます。

あしたへの進化や新たな価値の創造に情熱と意欲を傾けて取り組む仕事には、
常に技術の優位性を維持するための厳しさや競争がともないますが、
それはエンジニアとして「成長」する大きなチャンスです。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

最先端の情報通信技術を支える人財

当社の情報通信技術は、創立当時から取り組んできた社会インフラの構築事業を通して磨かれ、より先鋭化してきました。そして、当社が脈々と培ってきた情報通信技術は、幅広い分野の製品やシステムに利用されています。例えば、便利で快適な日常をあたりまえに支えている社会インフラシステムをはじめ、身近な製品であるモバイル端末、カーナビ等その技術領域は実に幅広く多彩です。それを支えているのは、「新たな社会の創造に情熱を傾けるエンジニア」人財です。冷静かつ理性的と評価されることが多い社員たちですが、その内には、社会と自身の変化を追求する情熱を秘めています。

戦略・ビジョン

社会イノベーション事業とグローバル展開

「わたしたちは、世の中に何を訴え、技術を駆使して何を支えるべきなのか」今後、さらに高度な情報化社会へと急速に進化を遂げていく中、ITで高度化された社会インフラを提供する「社会イノベーション事業」の強化が益々必要となってきます。弊社の技術力を生かし「Intelligent Operations」 「高信頼クラウド」 「ビッグデータ利活用」 「セキュリティ」等の分野へ、情報通信技術を駆使した製品・サービスを創造し提供していきます。また、このノウハウを生かし、グローバルでの競争力強化も視野に入れて活動フィールドを積極的に拡大していきます。

社風・風土

エンジニアの魅力。「達成感」と「成長感」

当社の社員が共通して心に抱くのは「自分たちの技術が社会インフラを支えている」という自負とプライドです。国家プロジェクトをはじめ、大規模な製品開発やシステム構築など、ハード・ソフト技術を駆使したモノづくりとシステムエンジニアリングに真摯な姿勢で取り組んでいます。ひたむきに技術と対峙し、さらに磨きをかけていく姿勢に、決して華やかさはありませんが、自ら設定したロジックに基づいて難易度の高い仕事をやり遂げた瞬間に得られる「達成感」と「成長感」はエンジニアにとって大きな魅力です。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

当社には、みなさんが活躍できる幅広い事業分野とステージがあり、
専攻や得意分野を活かした仕事を通して新しい社会をつくる仕事をしていただきます。
みなさん自身も技術者としてビジネスパーソンとして、大きく成長することができる環境があります。
■技術
 <設計開発系> 
  ソフトウェア開発エンジニア
  ハードウェア開発エンジニア
 <ソリューション系>
  システムエンジニア(SE)
■事務
  営業他

会社データ

事業内容 【私たち日立情報通信エンジニアリングの事業を紹介します。】

■エンジニアリング事業
お客さまのご要望をカタチにします。
私たちは、日立品質を支える確かな技術力、先端の開発ツールの活用で、先進のICT製品を開発しています。
具体的には、サーバ、ストレージ、ネットワーク等(各種インフラ装置)の情報通信に関する製品の開発、設計、製造、販売、修理事業まで、技術力を強みに一貫してお客さまや社会へ提供する事業です。

■ソリューション事業
お客さまの課題をITで解決します。
私たちの技術力で、お客さまの技術的な問題・課題を、情報通信機器、ICT(※)システム、ソフトウェア、生産設備機器等の開発、設計、製造、販売および付随するサービスをトータルでソリューション(ネットワークソリューション、バックアップソリューション、イメージソリューションなど)することで、解決する事業です。
※ICT:Information & Communication Technology(情報通信技術)
設立年月日 1965年9月21日(2013年4月1日~株式会社日立情報通信エンジニアリング)
事業所 本社/横浜(みなとみらい)、 東京本社(大崎)、中井本社

支社(営業拠点)/
茨城支店、中部支店、中部支店分室、関西支店、北海道オフィス、東北オフィス、九州・中国オフィス

開発センタ(開発拠点)/
中井開発センタ、北海道開発センタ、茨城開発センタ、中部開発センタ

事業所/
郡山事業所、新川崎事業所、神奈川事業所、秦野事業所、鴨宮事業所、旭事業所
代表者 代表取締役社長 岩崎 秀彦
資本金 13億5千万円
売上高 約813億円(2015年度)
従業員数 3,266名(2016年3月31日現在)
当社の強み 『さまざまな分野のエンジニアたちが、新しい価値を創造している。』

私たちには、日立の大規模通信装置、大型コンピュータ製品を技術(開発)で支えてきたノウハウや技術力があります。
これらを活かして世の中にまだない製品やサービスの新たな「モノづくり」へ、どんどんチャレンジしていきます。

また、幅広い分野で活躍できる事業フィールドも強みです。
「自分たちの技術が社会インフラを支えている」
という自負とプライドを持ち、新たな価値の創造に情熱を燃やす。
それが、私たちの社風でありまた強みです。
会社の歴史
◆◇◆わたしたちの原点(ルーツ)◆◇◆


もとをただせばそのルーツは日立グル―プに存在した、5つの企業に行き当たります。

1965年9月21日 【設立】
日立湘南電子
(日立グループでの通信系エンジニアリング・ソリューションサービス事業展開)

1996年 【合併】
日立コンピュータエレクトロニクス + 日立コンピュータエンジニアリング
日立インフォメーションテクノロジー 誕生。
(情報系(コンピュータ)設計開発・ソリューション事業拡大)

2002年 【合併】
日立湘南電子 + 日立通信システム
日立ハイブリッドネットワーク 誕生。
(通信系設計開発事業拡大)

2006年 【合併】
日立ハイブリッドネットワーク + 日立インフォメーションテクノロジー
日立情報通信エンジニアリング 誕生。
(通信技術、情報技術の融合)

2013年4月1日 【合併】
日立情報通信エンジニアリング + 日立コンピュータ機器
進化した 日立情報通信エンジニアリング 誕生。
(情報通信技術、ストレージ&イメージソリューション技術の融合)


私たちは、技術力で次の情報通信インフラを創造し支えるために、
設立し、時代のニーズに合わせ合併を行ってきました。

現在では、サーバ・通信ネットワーク機器からストレージまでを
トータルソリューションする、情報通信分野における最大・最強の
総合ITプラットフォームエンジニアリング事業会社です。

人々が安心して情報通信システムを使える社会を実現するために、
私たちはこれからも新たなチャレンジを続けていきます。
環境活動 『環境への取組みについて。』

日立グループは「地球温暖化の防止」「資源の循環的な利用」「生態系の保全」を重要な3つの柱とする環境ビジョンを定め、製品の全ライフサイクルにおける環境負荷低減をめざしたグローバルなモノづくりを推進し、持続可能な社会の実現をめざしています。

私たちは、日立グループの一員として自覚を持ち、環境ビジョンを実現するため、事業拠点ごとに環境マネジメントシステムを構築し、中期計画に基づく行動で、着実に歩み続けています。

また、政府が推進している政府が推進している低炭素社会実現に向けた気候変動キャンペーン「Fun to Share」に参加し、CO2排出量の抑制に努めています。
コンプライアンス 個人情報の取扱いなど、当社のコンプライアンスについては、以下アドレスでご確認頂けます。
http://www.hitachi-ite.co.jp/company/csr/compliance/index.html
社会貢献活動 当社シンボルスポーツであるバドミントン部の地域スポーツ振興など、当社の社会貢献活動は、以下アドレスでご確認頂けます。
http://www.hitachi-ite.co.jp/company/csr/social_contribution/index.html
認証と資格 『取得している認証と資格』

・品質マネジメントシステム ISO9001[JQA-2482]
・環境マネジメントシステム ISO14001[JQA-EM0475]
・プライバシーマーク[第10300023(05)号]
・建設業許可(電気通信)[国土交通大臣許可(般-23)第22037号]
・EMC試験所
 EMC NVLAP[Lab Code:200186-0]
 株式会社 電磁環境試験所認定センター[VLAC-007]
 テュフ ラインランド ジャパン株式会社 任命試験所[ID : 0000023195]
 製品安全 JNLA[登録番号 : 090273JP]
・第二種医療機器製造販売業許可 [許可番号 : 14B2X10018]
・医療機器製造業登録 [許可番号 : 14BZ200245]
・医療機器修理業許可 [許可番号 : 14BS200247]
・古物営業許可  [神奈川県公安委員会許可 : 451430003732号]
           [愛知県公安委員会許可:543931002400号]

連絡先

〒220-6122
神奈川県横浜市西区みなとみらい二丁目3番3号
クイーンズタワーB棟22階
人財マネジメントグループ
電話:050-3155-5008 050-3163-5706
メール:recruit@hitachi-ite.co.jp
ホームページ (採用情報)
http://www.hitachi-ite.co.jp/recruit/new_employee.html
交通機関/みなとみらい線「みなとみらい」駅下車3分
JR根岸線駅市営地下鉄線「桜木町」駅下車10分
掲載開始:2017/03/01

株式会社日立情報通信エンジニアリングに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社日立情報通信エンジニアリングに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)