NKE株式会社
エヌケーイー

NKE株式会社

ウェアラブルロボット、災害復旧ロボット、3次元エレベーター他
  • 正社員
業種
機械
精密機器/コンピュータ・通信機器・OA機器/総合電機(電気・電子機器)/輸送機器
本社
京都

当社の魅力はここ!!

技術力・開発力

国内シェア第1位。株式公開準備中。日本政府も注目の企業

■私たちNKEはI/O省配線システムの開発で国内シェア第1位を誇り、BBSシステム機器の開発でも日本のパイオニアメーカーとして有名な企業です。大手自動車メーカー他各社の重要製造システムとして活躍し、テレビでも紹介されるこのBBSシステムを日本で最初に考案・商品規格化したのは私たちNKEで、現在その商品ユニット数も他社の10~20倍以上と圧倒的に日本1位です。当社には日本政府から機械技術に関する指導の依頼もある程で、さらにサウジアラビア政府からは文部科学省を通じて国の教育機器の開発依頼もあります。業界全国最高水準の技術力で取引先は国内海外3500社以上です。株式公開も準備中で数多くの経済メディアに紹介されています。

待遇・制度

全国最高水準の給与昇給体系。大学卒20歳代基本給40万円以上

■当社では年功序列制度を完全に撤廃し、完全に公平な能力主義の給与評価制度を導入しており、年齢・社歴全く関係なく能力次第で全国最高水準の大幅昇給が可能です。頑張った人たちは5万円~10万円以上も昇給しています(◎このような企業は全国でも数少ないと思います)。例えば4年生大学卒で20代のうちに基本給40万円以上も可能です。また当社の能力主義評価体系は、結果さえ良ければよしとする成果主義ではなく、エンジニア、ビジネスパーソンとしての能力を高めることを目的としたものです。大手企業にはできない、ダイナミックな賃金体系を実現しています。

技術力・開発力

最先端技術開発こそが当社の最大の特長。次世代産業機器研究開発

■最先端技術開発こそがなんと言っても当社の最大の特長です。有名国公私大との共同研究や産官学共同開発の実績が豊富にあり、常に未来技術の創造に余念がありません。現在も1つの開発に何億円もかかるような未来テクノロジーを幾つも開発中です。ウェアラブルロボットや災害復旧ロボット、無重力搬送機、3次元エレベーターの開発テーマもあり、新事業領域としてエネルギーリサイクルシステムの企画・開発にも着手します。また研究開発色の強い当社では、エンジニアに個人専用実験ブースが用意されており、将来は大手の中央研究所のようなインキュベーションセンターの建設計画もあります。

会社データ

事業内容 国内シェア第1位
株式公開準備中
京都市企業価値創出VC(バリュークリエーション)『2007年度・オスカー賞』受賞
大手経済新聞『メカトロニクス京都2015』京都府代表企業(2010・2011・2013・2014・2015年選出)
大手経済新聞『エレクトロニクス京都2016』京都府代表企業(2010・2011・2012・2013・2014・2015・2016年7年連続選出)
大手経済新聞『京都のエクセレント企業2012』京都府代表企業
大手経済新聞社発刊『未来にきらめく京都・滋賀 個性派企業70社』選定(2016年版)
新聞社発刊『煌めくオンリーワン・ナンバーワン企業』選定(2016年版)
2011年・公益財団法人京都産業21『中小企業技術開発促進事業』採択
2009年・経済産業省管轄中小企業団体中央会『ものづくり中小企業製品開発支援事業』採択
2010年・高エネルギー素粒子ニュートリノ観察の国際共同研究プロジェクト『アイスキューブ』
2013年・公益財団法人京都産業21・エコエネルギー推進機構『京都エコスタイル製品10選』採択
2014年・全国企業団体中央会『モノづくり革新事業』採択
2015年・経済産業省『中小企業革新事業』採択
2016年・経済産業省『革新的ものづくり開発支援事業』採択
2016年・京都府発明等功労者表彰
2016年・京都府産業功労者・京都府知事表彰
事業ごとに構成される連邦分権制&ビジネスユニット制のやりがいある企業運営
全国最高水準の給与昇給体系です

◎BBSによるFAS構想の日本のパイオニア企業として全国に名を馳せる有名な企業です。完全に独自の製品企画、技術開発、営業企画で世界市場を創造しています。
◎私たちは完全な独立メーカーです。全てオリジナルBrandのオリジナル製品で、私たちが100%自由に決められます。世の中に無いものを0から自分で考え、企画し、設計し、実験し、そうして新しい市場を創り上げていく夢のある開発を行っています。

(1)各種自動機、各種自動生産ライン(FA)用システムユニットの企画・研究・設計開発・販売(BBSによるFAS構想)
(2)ウェアラブルロボット、災害復旧ロボット、アグリカルチャーロボット、無重力搬送機、3次元エレベーター、自動機をつくる自動機、他各種次世代産業機器の企画・研究・設計開発・製造・販売
(3)エネルギーリサイクルシステムの企画・研究・設計開発・製造・販売
当社では新事業領域として2005年よりエネルギーリサイクルシステムの企画開発に着手しています。熱、振動、音、波、光などのエネルギーを蓄積し工業化するシステムの企画、研究開発です。例えば歩行エネルギーシステムで、これは東京駅に設置して1日180万人の歩行を地下に蓄積し東京都の工業エネルギーにしようというものです。(※東京駅は構想例です)今後、様々なエネルギーリサイクル及びエネルギー変換システムの企画・開発を行っていきます。期待の大きな新領域です。
(4)産業機械を一般市場に開放する研究。様々な産業機械を、家庭用電源や乾電池で動くようにし、一般家庭や一般社会の様々なシーンで活躍させる研究です。
(5)各種ネットワーク電子機器、各種電子機器の企画・研究・設計開発・製造・販売
(6)各種省配線システムの企画・研究・設計開発・製造・販売
(7)各種自動生産ラインの企画・研究・設計開発・製造・販売

                                ★★★知的財産保証体制も万全です★★★
◎当社では2005年に知的財産部門を設立、元某日本最大手・特許部門トップ弁理士を顧問に招き、並びに特許専門エンジニアを在籍させており、皆様の技術や企画を初期(ひらめき)の段階から完全にサポートし保護します。どのような事でも相談でき、自らの発明を無駄にしてしまうというようなことは当社ではありません。また発明により得られた利益に対しても十分な報酬体制を構築しています。
国内初、日本のパイオニア企業です ■国内初『BBSによるFAS構想』の日本のパイオニア企業です。
■国内第1位
◎複雑に見える生産ラインの一連の動作もその一つ一つの動きは『つかむ』、『押す・送る』、『回す』等の単純な動作の組み合わせから成り立っています。それら『つかむ』、『送る』、『回転する』、『分配する』といった機械の基本性能の最小単位(ユニット)、それらを組み合わせた『つかんで送る』といった複合単位(モジュール)、さらにユニットとモジュールを組み合わせ、生産ラインの中で一つの作業を行う作業単位(セル)を標準化し、それらを組み合わせて生産ラインを構築することにより、いつでも自由に組替え可能な生産ラインを実現します。これがBBS(ブロック・ビルディング・システム)によるFAS(フレキシブル・アセンブリング・システム)構想です。当社はこのBBSによるFASの日本のパイオニアメーカーとして大変有名です。自由に組替え可能な生産ライン(大手自動車メーカーに代表されるモジュール生産方式)を日本で初めて規格化商品として市場に投入した機械メーカーは当社NKEなのです。ユニットのバリエーション数も2300種類以上と圧倒的(※他社の10~20倍)に国内第1位。現在、さらに“各種省配線システム”、“各種ネットワーク電子機器類”の開発を行い、これらを組み合わせIT化を含めた『モノづくりの全体最適化』を企画、ソリューションを行っています。
国内シェア第1位 ■国内シェア第1位
◎NKEはシリアル多重伝送技術にかけても日本のパイオニアです。省配線システムでも国内最先端、国内トップを走ります。◎2010年には当社の省配線システム・ユニラインが、宇宙から地上にやってくる高エネルギー素粒子ニュートリノを観測する国際共同プロジェクト『アイスキューブ』にも採用されました。日本、アメリカ、ヨーロッパなど世界8カ国の大学や研究者が連携し、南極大陸の膨大な氷検出装置として光の伝播を調査するプロジェクトで、当社のユニラインが光源と較正器の長距離データ電送を行います。氷河の地下1500メートルの過酷な環境でも正確なデータ通信が可能な製品性能が認めらました。
全国最高水準の給与昇給体系 ■『4年生大学卒 20歳代 基本給40万円以上』
◎当社では年功序列制度を完全に撤廃し、完全に公平な能力主義の給与評価制度を導入しており、年齢・社歴全く関係なく能力次第で全国最高水準の大幅昇給が可能です。頑張れば頑張るほどの給与体系で、頑張った人たちは5万円~10万円以上も昇給しています(◎このような企業は全国でも数少ないと思います)。例えば4年生大学卒で20代のうちに基本給40万円以上も可能です。また当社の能力主義評価体系は、結果さえ良ければよしとする成果主義ではなく、エンジニア、ビジネスパーソンとしての能力を高めることを目的としたものです。大手企業にはできない、ダイナミックな賃金体系を実現しています。また縦型ではないフラットな組織作りを行っており、能力のある方が思う存分力を発揮できる組織体系を構築しています。
取引先は国内・海外3500社以上 ■取引実績は国内・海外3500社以上の地球規模の圧倒的シェアを誇ります
◎国内の主要大手企業ほぼ全社にNKE製品が納入され活躍しています。さらに国内はもちろんアフリカを除く全世界中に販売ネットワークを構築しており、(※アメリカ・ドイツ・スウェーデン・イタリア・中国・台湾・香港他世界各国に13の海外代理店を有し、直販拠点を含め海外戦略は今後益々拡大して行く計画です)、国内3000社以上、海外500社以上の納入実績で、社内の管理用ユーザーカードの数は2万事業所以上。正に地球規模の圧倒的シェアを誇っています。「NKEの○○です」と言えば世界で通じる、日本が誇るトップブランドなのです。◎下記・主要取引先もご参照下さい。絢爛な取引先です。
株式公開準備中 ◎株式公開も準備中です。監査法人、主幹事証券会社も全て決定しています。
TV局も多数局が特集番組を組む有名な企業です ◎当社の特長ある製品化技術や経営戦略に、TV局、新聞社、VC(ベンチャーキャピタル)他が数多く取材に訪れ、マスメディアに頻繁に紹介されています。『京都のエクセレント企業』(京都府6社が選出)、『メカトロニクス京都』、並びに『エレクトロニクス京都』(京都府から毎年それぞれ4~10社が選出されます)には最近12年間でそれぞれ9回と11回も選出されています。経済新聞大手四誌にも京セラ、オムロン、ローム、村田製作所といった日本を代表する大手企業群と並び紹介されたり、『全国元気企業マップ』に取り上げられたり、新年恒例の『大手経済新聞・新春座談会』でも京都府代表企業として大手経済新聞紙上一面全面に紹介されています。大手経済新聞社発行の企業全国年鑑『ITソリューション企業総覧』、大手経済新聞社発行書籍『挑戦する京都の個性派企業』、経済産業省編集『関西の魅力あるベンチャー企業プロフィール』にも紹介されています。他にも様々なメディアからのオファーが後を絶ちません。大手経済新聞等の当社の紹介ニュースの一部をご紹介致します。
『各社トップが語る2017 熟慮断行で確実な成長』(2017年1月)、『飛躍2017 京滋の有力企業トップに聞く』(2017年1月)、『京都にはメダル級企業が集まっている 新製品開発で攻勢かける』(2016年10月)、『連携で時代を開く 京都の有力企業』(2016年8月)、『メカ京・ロボ京 成長産業に京・強の技 食品・医療の自動化旺盛』(2016年6月)、『エレクトロニクス京都2016 顧客ニーズ ワシづかみ 独自技術で存在感』(2016年4月)、 『飛躍2016 京滋の優良企業トップに聞く。IoT分野で存在感を高める』(2016年1月)、『現場のIoT・スマートファクトリー』(2016年1月)、『わが社の経営戦略2016』(2016年1月)、『自動化機器 海外生産 中国・タイ需要増対応』(2016年12月)、『モノづくりに挑む システムの効率構築を提案』(2015年11月)、『百花繚乱 開花続ける京都力 技術力で新成長』(2015年10月)、『NKE 京都工芸繊維大学と連携で福祉ロボット開発』、『メカトロニクス京都 戦略マシナリー』(2015年6月)、『エレクトロニクス京都2015 モノづくりに新風起こす』(2015年4月)、『自動機で医薬・食・化粧品開拓』(2016年4月)、『新たな成長へ積極チャレンジ 2015 京滋の有力企業トップに聞く』(2015年1月)、『わが社の2015経営戦略』(2015年1月)、『持てる技術磨き新成長へ』(2014年10月)、『有力企業の技術・サービス戦略』(2014年8月)、『NKE海外事業好調 新製品開発促進』(2014年7月)、『モノづくりを支える技術』(2014年7月)、『メカトロニクス京都2014 有力企業トップ4氏に聞く』(2014年6月)、『エレクトロニクス京都2014 成長にチャレンジする“事業魂”』(2014年6月)、『エコスタイル・10件認定』(2014年3月)、『価値創造 モノづくりで存在感示す 飛躍2014 京滋の優良企業トップに聞く』(2014年1月)、『わが社の2014経営戦略』(2014年1月)、『モノづくり有力企業 トップに聞く成長戦略』(2013年10月)、『花の都に』(2013年9月)、『メカトロニクス京都2013 成長戦略と攻略市場 京都企業トップ4氏に聞く』(2013年6月)、『エレクトロニクス京都2013 京都から次世代開く 最先端の技』(2013年4月)、『東南アジア戦略』(2013年1月)、『我社の2013経営戦略』(2013年1月)、『京都経済特集・京の有力企業3社のトップに聞く』(2012年10月)、『モノづくり連載企画』(2012年9月)、『京都のエクセレント企業2012』(2012年4月)、『エレクトロニクス京都2012』(2012年4月)、『進化するモノづくり企業』(2012年1月)、『NKE中国にグループ会社設立』(2011年11月)、『京都府経済特集』(2011年10月)、『あすを創る』(2011年9月)、『科学技術振興で次世代を切り拓く京都の産学公連携力』(2011年8月)、『メカトロニクス京都2011』(2011年6月)、『エレクトロニクス京都2011』(2011年6月)、『2011年 次代を切り拓く』(2011年1月)、『2011年 わが社の経営戦略』(2011年1月)、『2011年 TOP年頭語録』(2011年1月)、『京都の個性特集』(2010年10月)、『京都 産・学・公 連携特集』(2010年8月)、『エレクトロニクス京都2010』(2010年4月)、また大手経済新聞に当社の創業からの歴史が4日間にわたってシリーズ連載されたり、大手経済新聞のコラム『産学で輝き増す企業』、『モノづくり本物宣言』、『モノづくり原点回帰』、『目指せ、モノづくり立国』にも数多く紹介されています。京都テレビ特集『工場の町医者NKE』他のテレビ番組や数多くの大手経済新聞、経済ニュースに紹介されている有名な企業です。
最先端技術開発こそが当社の最大の特長 ◎最先端技術開発が最大の特長です。有名国公立大、有名私立大との共同研究や産官学共同開発実績が多数豊富にあり、常に未来技術の創造に余念がありません。現在も1つの開発に何億円もかかるような未来テクノロジーや次世代産業機器を幾つも開発中です。当社は研究開発色が強く、エンジニアに個人専用実験ブースが用意されています。TLO(大学のシーズを製品化して行こうという政府プロジェクト)や産官学(民間企業・国・大学)共同開発プロジェクト等、日々研究に取り組んでいます。又有名国公立大、有名私立大との共同開発も盛んです。一例として、ウェアラブルロボットや無重力搬送機、CCDカメラだけでは分からない「肌触り」を感知できる『触角のついたロボットハンド』や、半導体の超集積化に対応できるマイクロマシン、更には表面吸着力にすら大きく左右される、つまりそのもの自身の重さが殆ど影響を与えないような超微重量物を生産する為の微電圧でほんの僅かだけ分子が動く超高分子アクチュエーター(※ブルドーザーで盆栽が出来るような)他数多くの未来テクノロジーを手掛けています。また硬いセラミックスをまるで樹脂のように成形できる加工機の開発も現在検討中で(※それぞれの患者に適したオーダーメードの人工骨を病院内のその場で作ることが出来るような装置に発展させていきたいのです。電子部品製造にも革新をもたらせます)、さらに無重力搬送機、3次元エレベーター、自動機をつくる自動機の開発も行っていきます。医療用ロボット(起き上がりロボット他)や医療機器の大学共同開発も増えてきています。
また私たちは当社の企画力、技術力をFA以外の分野にもどんどん広げていきたいと考えています。例えば、農業、介護、災害復旧、レスキュー、医療の分野で、農業を重労働から開放するアグリカルチャーロボット、介護を支援する介護ロボット、災害復旧の現場で瓦礫を排除し人命を救う災害復旧ロボット、地震対策など家庭に備え付ける災害復旧ロボット他の開発を行っていきます。このようなアイデアをどんどん出していただきたいと思っています。
また新事業領域として、エネルギーリサイクルシステムの企画・開発にも着手しており、期待の大きな新事業であります。
当社では、様々な研究・実験設備、評価設備はもちろん、3次元光造形機も導入し、思った通りの、よりリアルな研究・実験が出来る環境を整えています。このような環境の中で研究開発に打ち込めます。世界最新型3DCADもフルラインナップしています。
同時に次世代研究開発を専門に行う、社長直轄の『次世代研究開発部門』を開設しました。当社には元々先行開発や非採算開発を専門に行う開発部門がありましたが、将来への次世代開発にさらに力を入れるためで、研究開発に特化した部門です。(将来は大手企業の中央研究所のようなインキュベーションセンターを建設する計画もあります。)
また、より機動的に開発が行えるよう『ビジネスユニット制度』も導入。ユニット長に立候補した開発者は社長として開発に取り組めます。
2011年 公益財団法人京都産業21『中小企業技術開発促進事業』採択 ◎本事業は、次世代の新基盤技術開発を目的に高度な研究開発を推進するグループ(企業や大学など)を公益財団法人京都産業21を窓口として京都府行政が採択し、資金支援等を行う行政取り組みで、私たちの『エネルギー循環型・革新的エア駆動装置の研究開発』(◎圧縮空気など生成した動力エネルギーの大気放出をゼロにして、半永久循環使用できる日本初の環境型ロボットハンドシステムです)がこの事業に採択されました。平成23年下期~25年上期にかけて1億2000万円の研究助成金も交付されています。この研究開発は日本の製造業を革新するものであると高い評価を受けています。この開発により将来大きな売上を計画しています。
2009年 経済産業省管轄中小企業団体中央会『モノづくり中小企業製品開発支援事業』採択 ◎本事業は、日本経済を牽引する重要な製造業の国際競争力の強化と次代を担う新産業の創出を推進するため、全国中小企業団体中央会を窓口として経済産業省が企業を選択し、有力企業の研究開発を加速させる国家的な取り組みです。私たちの『B・B・CONの研究開発』(分散制御型ブロックビルディングシステム/FAラインを各ブロックごとに分散制御し、単体でも動き、ブロックを組み替えるとシステムが自動連携して動く日本初の人工知能型ブロックビルディングシステムです)がこの事業に採択され、5122万円の研究助成金も交付されています。
京都府創造技術研究開発事業認定 ■京都府創造技術研究開発事業認定
◎これは新しい画期的な位置決め技術の研究開発です。各種メカトロニクスの重要な性能の一つに“位置決めの精度”があります。従来はレーザ光を用いてのものですが、これだと障害物があったときに正確に機能しませんし、機構設計に制限を与えます。そこで当社ではパスカルの原理を用いた全く新しい方式を京都府創造技術研究開発補助の認定を受けました。また画像処理の分野でも従来とは全く方式の異なる新たなセンサー・センシング技術を同時開発中です。
農林水産省開発事業認定 ■全国で年間9社だけの農林水産省開発事業認定
これは“高品質保持フードシステム技術”の研究開発です。野菜の鮮度を保持する。産地からの輸送中に野菜の鮮度を損なわず、その保冷温度をもしも5℃上げることが出来ればエネルギーコストの物流革命が起きる、その為のシステム開発です。中央市場で毎日毎日、八百屋さんよりも大量のレタスを買い込み、「いったい何をするんですか?」と市場の人に言われながら実験を繰り返しました。農林水産省補助事業指定を受けたのは全国で年間僅かに9社だけでした。
日本政府からの依頼を受け、海外諸国へ技術講師としても訪問 ◎当社では日本政府からの依頼を受けて、財団法人・海外技術者研修協会との共催で韓国、台湾にも訪問し、現地の経営者の方々に生産に関する自動省力化の技術講師として指導、育成も行っています。
サウジアラビアからは文部科学省を通じて学校教材の発注 ◎また、サウジアラビアからは文部科学省を通じて学校教材の発注を受け(※空気圧・シーケンス制御教育システム/パーツハンドリング:掴んで搬送する、という生産システムを学習できる機械キット)、その講師としても出向き、国から熱烈な歓迎を受け、向こうの学生達にも大変喜んでいただいています。この教育実習装置は他にも京都府、栃木県、福島県、奈良県、米子市、滋賀県、三重県の各職業能力開発促進センターでも活躍しています。
私募債発行の実績 ◎大手都市銀行多数から「私募債を発行させて下さい(※株式資本参加させて下さいという意味)」というオファーも数多く受けており、三菱東京UFJ銀行等私募債発行の実績もあります。
京都府モデル工場指定 ◎京都府からも府の優良モデル工場として長年にわたり指定を受けています。
名誉ある受賞・表彰も多数 ◎経済産業省優良企業診断表彰(ニュービジネスフォーラム大賞:2002年)、経済産業省グッドデザイン賞(1998年)も多数受賞。他にも名誉ある各種受賞・表彰関係を数多く授与されています。
夢工場プロジェクト ■全国が注目の『夢工場プロジェクト』
◎理想の生産性と働きやすさを実現した夢の工場を作り、そこをショールームとして世界中にアピールしようという『夢工場プロジェクト』が当社・伏見工場で進んでいます。全国に向けて、IE(インダストリアル・エンジニアリング)トレーナー、3Sトレーナーの養成も行っていく計画で、海外を含め、財団法人、社団法人、関西を代表する工業会ほか各方面からの見学が後を絶ちません。立命館大学や同志社大学ほか大学生も多く見学に訪れています。高等専門学校の卒業研究のゼミの指導(約3ヶ月間)も伏見工場で行っています。
世界中から会社見学に訪れます ◎国内はもちろん、アメリカ、ドイツ、イタリア、中国、他世界各国から会社見学に訪れます。これからも業界日本NO1企業として、国内そして世界産業の発展に貢献すべく独創的な技術開発をますます加速させていきます。
連邦分権型組織のやりがいある企業運営 当社は、「研究開発部門」、「機器・装置開発部門」、「電子機器開発部門」、「営業部門」、「スタッフ部門」など事業ごとに自立運営される<連邦分権型>の企業運営を行っていますので大きなやりがいがあります。
他にもたくさんのエピソードがあります 当社では他にもたくさんのエピソードがあります。
◎京都市知的財産戦略事業支援事業認定:京都市との連携で企業の保有する革新技術を知的財産化し活用していこうという経済活性プロジェクトです。行政から特許化できる保有技術の多い企業であり且つ知財戦略(研究開発計画策定・海外特許戦略・クロスライセンス戦略・活用方針策定・市場監視と自社特許保護他)を実行できる企業として京都市の中から当社が選ばれ認定されました。京都市との専門人材交流、人材育成交流も始まります。(2008年10月)
◎大手経済新聞社発行『関西の優良機械メーカー70社』に選ばれました。(京都府10社:2008年4月)
◎さいたま市、川崎市、京都市のモノづくり研究会30社と多くの大学教授が会社見学に訪れました。(2008年11月)
◎大阪工業協会(関西最大の工業会)関西の有力企業30社が当社に会社見学に訪れました。(2009年2月)
◎アメリカから会社見学に訪れました。(2009年1月)
◎『日台ビジネス合同会議 in 京都』で台湾から会社見学に訪れました。(2011年12月)
◎大手銀行の機関誌に当社が紹介されました。(2008年9月)
◎日本の新しい労務系ファンド(大学生への就職情報提供用)の研究モデルとして当社が採択されました。(2008年6月)
◎インターンシップで京都市から感謝状を授与されました。(2011年)
◎中小企業庁・eネットマガジンの巻頭コラムに当社が紹介されました。「成長のエンジンはBBSと人中心の独創開発の経営」(2008年11月)その他多数
◎大阪府行政機関で講演しました(2011年11月)
◎『京都エコスタイル・10製品』に採択されました。1:新技術の導入やイノベーションなど企業の思いが明確である、2:原料の調達から製造、流通までのプロセスがエコである、3:使用・廃棄・再利用の段階において消費者のエコ行動につながる製品である、の3つを十分に満足させる製品である認定で、京都府10製品の中に選ばれました。(2013年6月)
◎『京都府“チャレンジ・バイ”制度』に採択されました。京都府内の中堅中小企業の優れた新商品を京都府が認定・公表・PRし、府庁での率先購入・活用枠の設定やその他販売促進を強力に支援する制度です。(2016年)
◎京都エコノミックガーデニング支援強化事業(研究開発型)に採択されました。自社独自の強みを活かし、新商品開発に向けた本格的な研究開発を行う企業に対して、研究開発の段階に応じた資金支援等を行う補助制度です。(2016年)
◎“ナレッジワークのオートメーション化”への取り組み。新聞にも度々紹介されています。(2015年)
◎直販ネットショップ『NKEオンライン』を開設しました。(2015年2月)
◎『未来の京都のまちづくり推進表彰』を授与しました。(2015年10月)
◎当社製品を動画で見られる『NKEシアター』を開設しました。(2015年12月)
◎大手経済新聞・日本産業広告賞:新聞部門を受賞しました。平成28年は申年でしたが、申は「呻(うめ)く」の意で、草木、草花の果実が成熟して滋味が増し、固まっていく状態を表します。 草木、草花の果実を省配線機器ユニラインとエアチャックで表し、猿から人へ進化を歩む大地をコンベアで表現しました。 かつて猿が人へと進化したように、NKEでは新しい価値創造でお客様に進化したオートメーションをご提供する企業であることを訴求しています。 当社の広告は企画から制作までのすべてを当社にて内製しております。(2016年)
他多数
創業 1968(昭和43)年3月
設立 1969(昭和44)年8月
資本金 2億9700万円(◎株式公開準備中です。監査法人、主幹事証券会社も決定しています)
従業員数 138名(男性109名・女性29名)
売上高 33億円(平成32年3月期計画)
28億円(平成31年3月期計画)
24億2600万円(平成30年3月期見込)
21億7432万円(平成29年3月期実績)
21億7616万円(平成28年3月期実績)
23億568万円(平成27年3月期実績)
20億1829万円(平成26年3月期実績)
19億3480万円(平成25年3月期実績)
17億3620万円(平成24年3月期実績)
●経営計画『NKE Future Plan』で売上高100億円突破を目指しています。
企業理念・ミッションステートメント・目指す企業像・大切にする価値観 【企業理念】 われわれは人と技術の調和を通して、われわれの生活の向上をはかり社会の発展に貢献します。
産業ニーズから一般ニーズまで、『人と機械が協働する変種変量生産システム』、『全体最適モノづくり』の実現。21世紀型の高付加価値モノづくりを実現する生産システムや電子システムを供給し、世界社会の飛躍的進化に貢献します。
【企業ミッションステートメント(存在価値)】 「経済的安定性」と「働き甲斐」を提供するということを基盤としてNKE株式会社の社員とその家族や大切な人々の幸せをもたらす。
NKEが何のために存在するかといえば、それは第一にここで働く人たちのためです。社員全員が潤いのある豊かな生活を送ることが大切だと考えています。
【目指す企業像】 『人』を中心にした企業つくりにより、もっとも独創的な開発を行う世界企業NKEを目指す。
【大切にする価値観】 『正々堂々・公明正大』 正々の旗のもとに集う人たちとともに、堂々の陣を作り、私心のない公正さ、公平さをもって常に正しい言動を成す。
代表者 代表取締役社長 中村道一
※2011年4月には大学(理工学部)の外部評価委員にも就任しています。
※様々な経営研究会・学会の主宰も務めています。
※『当社では若い人たちに研究開発やものづくりの魅力や楽しさを伝える活動を積極的に行っています。新しい発想やアイデアという新風を吹き込んで、常に革新の気概で事業に勤しみ、潤いのある豊かな生活を社員に提供することこそが私の役割だと考えています。』
事業所 本社・本社工場・商品展示場/京都府長岡京市馬場図所27
伏見工場/京都市伏見区羽束師菱川町366-1
東日本エンジニアリングセンター(さいたま営業所)/さいたま市見沼区丸ヶ崎町11-10(◎2010年に関東にも設計・技術開発部門を開設し、開発センターとして事業運営しています。)
京都営業所/京都市伏見区羽束師菱川町366-1
名古屋営業所/名古屋市中区伊勢山2-13-22(◎エンジニアリングセンター化を計画しています。)
神奈川分室/神奈川県厚木市妻田西1-30-1(◎2010年開設)
福岡分室/福岡市早良区室見5-13-24(◎2006年開設)
東北分室/山形市松波4-11-11(◎2008年開設)
顧客サービスセンター/京都市伏見区羽束師菱川町366-1伏見工場内(◎2005年開設)
海外代理店/アメリカ、ドイツ、スウェーデン、イタリア、中国、台湾、香港、韓国、タイランド、シンガポール、マレーシア他海外13法人
関連会社/2012年6月に100%出資のグループ企業(営業・アフターサービス拠点)を中国・広州に設立。(社名:広州中村機器自動化有限公司)
2013年にタイオフィスを開設。各種装置、並びに簡素な「アジア仕様製品」の委託製造管理、並びに営業用拠点です。
◎さらに近年にアメリカと中国に合計2~4つの海外法人を設立する予定です。
ふるさと事業所&在宅勤務&社内ベンチャープロジェクト(ベンチャートップ育成コース) ●当社では若い人たちの夢を叶えるため、また若手社員のベンチャー精神の醸成や高い志の育成のため、社内ベンチャー部門があります。
『社内ベンチャーを育成する』プロジェクトを進めており、ベンチャートップ育成コースのようなものもあります。その方の得意な領域を主軸としたベンチャーカンパニーを立ち上げ、トップ(取締役や執行役員等)として就任していただきます。給与も事業戦略も自分で決めます。年齢、社歴も一切関係ありません。現在3名の社員(28歳・大学院卒・新卒入社3年目、30歳・大学卒・新卒入社8年目、32歳高専卒・新卒入社11年目)が挑戦しており、若手トップが誕生すると思います。ご希望の方はこのコースで教育いたします。
例えばその中の32歳の社員が2016年に社内カンパニー『生技EX』(※生産技術エクスプレス:生産技術の立場から応える技術サービスカンパニー)を立ち上げ、今頑張っています。彼は生産技術者なのですが、彼曰く「お客様の所に行くと従来の営業活動では拾いきれなかった(営業が行っても出てこなかった)“お客様のちょっとした要望”がたくさんあり、それを開発したり技術サービスや指導したりして、ビジネスにしたい」という申し出があり、彼がカンパニーを立ち上げたのです。すでに何千万円の受注も決まるなど頑張っています。近い将来に当社と共同出資し、新会社を設立し、彼が社長に就任する目標で進行しています。
皆さんが大学で行っている研究を事業化するカンパニーも大歓迎です。このような夢のある方はぜひ当社のベンチャー部門で挑戦してください。
●また当社では社員のふるさとに分室を開設し、室長として活躍していただける制度もあります。技術職や営業職の方が対象です。オフィス開設の敷金・礼金・家賃や必要な設備・機器は全て会社が全額負担します。室長として分室の経営(技術戦略・営業戦略・人事採用他)をお任せ致します。事業が拡大すれば支店化やセンター化し、支店長、センター長をお任せ致します。
●また営業職の方は在宅勤務も可能です。毎日自宅から直接営業先に出向き、2週間に1度だけ本社に出社するという在宅勤務やSOHOのような働き方もできます。
主要取引先 トヨタ自動車(株)、(株)豊田自動織機、日産自動車(株)、本田技研工業(株)、いすゞ自動車(株)、スズキ(株)、ダイハツ工業(株)、マツダ(株)、(株)SUBARU、ヤマハ発動機(株)
パナソニック(株)、ソニー(株)、三菱電機(株)、シャープ(株)、NEC(株)、富士通(株)、(株)東芝、(株)明電舎、(株)ダイヘン、日新電機(株)、オムロン(株)、沖電気工業(株)、サンケン電気(株)、日本電産(株)、TDK(株)、(株)JVCケンウッド、アルプス電気(株)、パイオニア(株)、
日立マクセル(株)、横河電機(株)、船井電機(株)、(株)堀場製作所、(株)キーエンス、(株)デンソー、(株)ジーエス・ユアサコーポレーション、古河電池(株)、ソーラーフロンティア(株)、住友電装(株)、カシオ計算機(株)、ファナック(株)、(株)デジタル、(株)安川電機、日本電子(株)、富士電機(株)、ローム(株)、京セラ(株)、(株)村田製作所、(株)島津製作所、(株)SCREENホールディングス、東京エレクトロン(株)、アイシン精機(株)、(株)ユーシン、日東電工(株)、ニチコン(株)
キヤノン(株)、(株)ニコン、オリンパス(株)、コニカミノルタ(株)、(株)リコー、シチズン時計(株)
三菱重工業(株)、川崎重工業(株)、(株)I H I
JFEスチール(株)、新日鐵住金(株)、(株)神戸製鋼所、日新製鋼(株)、日立金属(株)、
(株)荏原製作所、東レ(株)、花王(株)、(株)資生堂、ライオン(株)、キッコーマン(株)、アサヒ飲料(株)、(株)ブリヂストン、住友ゴム工業(株)、横浜ゴム(株)、旭硝子(株)、日本板硝子(株)、日本アイ・ビー・エム(株)、任天堂(株)、(株)セガホールディングス
●大手ファーストフード企業、大手食品企業、大手流通企業も多数
●他、国内の主要大手電機メーカー、大手自動車メーカー、大手化学メーカー、大手食品メーカー等業種関連のある大手上場メーカーほぼ全社。太陽電池、太陽光パネル、リチウムイオン電池の各大手メーカーからも受注が急増しています。
●並びにインテル、ボシュロム、アプライドマテリアル、サムソン、ノキア、フォックスコン、現代自動車、他世界中の大手企業3500社以上
製品説明1 当社の主力製品のご説明をいたします。
■BBSシステム機器/『つかむ』『送る』『回転する』『分配する』といった機械の基本性能の最小単位(ユニット)、それらを組み合わせた『つかんで送る』といった複合単位(モジュール)、さらにユニットとモジュールを組み合わせ生産ラインの中で一つの作業を行う作業単位(セル)を標準化し、それらを組み合わせて(ブロック・ビルディングして)生産ラインを構築することにより、いつでも自由に作業工程の組替え・仕様変更が可能なフレキシブルな生産ラインを実現します。バリエーションも豊富で『つかむ』ユニット(エアチャック)が265種類、『送る』ユニット(コンベア)は2300種類にも及び、他社の10~20倍以上のバリエーションを揃え日本第1位を誇ります。(◎おかげさまで納入実績10万台を突破しました)。しかも細部にわたるユーザーのご要望に応えるためカスタマイズ性、拡張性も重視して開発しており、例えばコンベアのプーリ間長さは『ミリ単位』で対応。さらにNKEが提供する機器は消耗品ではありません。一つ一つをしっかりと作り込んであり全て修理可能な(※長い間使い消耗した部品は全て修理もしくは交換できる)『直せる』機器なのです。また現在国内では『つかむ』ユニットと『送る』ユニットの両方を、ましてや各種自動機の開発まで(※装置を構成するユニット機器から、生産ライン全体の構築、さらに省配線システムまで)全てを手掛けている企業は皆無に等しく、この経験とノウハウが当社の大きな特長・強みとなり圧倒的な高品質を生み出しているのです。2008年度にはボトルチャック(※約5mmφのボールでペットボトルや瓶をチャックします)や、旋回半径80mmという世界最小旋回半径カーブコンベア、モジュールコンベアシステム(制御システムなしに自在な分散制御、自由レイアウトが可能な自立型コンベアモジュール。組み合わせるだけで好みの搬送ラインを構築できます)他、日本初・世界初の開発商品が多数あり、現在も厚さ0.1mm以下の超薄物を掴めるチャックユニット(※力覚センサを使わない新機構)、0.5mm×0.5mm以下の電子部品を100分の1mm精度で正確に高速に基板実装できるウルトラマイクロ・チャックユニット、食品業界用に水洗いが出来るコンベア他多数の開発に取り組んでいます。◎2007年には、国内で初めて『2軸1モーターロボット』(※1つのモータでXYの2次元駆動します)の開発にも成功しています。◎2011年にはタイミングベルトやボールねじを使わない、国内で初めての長距離大型搬送ロボット(システム設計からレイアウト変更まで自由自在な搬送モジュールシステム)の開発に成功し、太陽電池の発電セルや太陽光パネル製造に向けて展開しています。◎搬送プロセスの高付加価値化を目指し、知能搬送・梱包ロボット(空間利用率を最大化する搬送・梱包ロボット)の開発も行っています。例:人の作業ではダンボール箱の中に4個しか入らなかった商品を5個・6個と入るようにする、或いは、長大穴開き型の異形状な商品を(ジグソーパズルをはめ込むように)箱の中に組み入れ、人の作業では20個しか入らなかった商品を40個入るようにするロボット搬送・梱包システムです。ユーザーの物流コストを大幅に低減できます。(2015年)
■省配線システム・ユニライン/各種機械装置やシステムの高性能化に伴い増える一方の複雑な配線を一まとめにして1本のケーブルで幾つものデジタル信号を送受信出来るようにしたのが省配線システム『ユニライン』です。複数ある信号の伝送のタイミングをほんの少しずつずらしていくことで時分割多重伝送を可能にしたシリアル多重伝送技術です。1本の配線に従来の128本分、最大256本分の信号が乗り(※256台の端末を1本のケーブルで接続可能です)、複雑な配線を簡素化することに成功しました。しかもオリジナル・プロトコルの開発により伝送電圧も他社の5Vに対し4.8倍の24V。どんな悪環境でも、どんな長い配線でも(※ブースタなしで2kmまでの配線が可能です)ダントツの耐ノイズ性能・I/O伝送効率を確保しながら今まで本当に大変だった配線作業を容易にし、某国内最大手企業の社内調査でもコスト削減率22%以上、工期短縮率はなんと67%以上という驚異的な数字を実現しています。NKEはこの分野でも日本のパイオニアとして最先端を走り、国内シェア第1位を誇っています。2016年には東北新幹線の駅のホームドア(転落防止等)にも採用され、全国のJR・私鉄に広がろうとしています。国の有力研究機関にも採用されるなど、BBSを構成する主力製品として成長しています。
製品説明2 ■ネットワーク系電子機器シリーズ/2003年にリリースした画期的なシリーズです。これは省配線システム・ユニラインの全ての機能の包括とオープン化をテーマに開発したネットワーク機器で、既設の社内LAN、もしくはインターネットに接続するだけで幅広いシステム構築(※新機能の追加、従来では考えられない多様なデータ伝送、システムのグレードアップ、多機能化他)が低コストで簡単に行えるというものです。例えば今「れんら君(自動通報システム)」を組み込むだけでビルのセキュリティー(※侵入者があるとその情報や画像を携帯電話に通知します)や、工場の生産現場の管理・遠隔操作(※機械の各種パラメーターなど稼動状況の異常を担当者の携帯電話に通知し、さらに携帯電話からの機械操作も可能)が可能になり、従来の大型設備投資や集中管理室等も必要としなくなります(※さらに異常の度合いや緊急度を4段階ごとに通知します)。このシステムは一般家庭の防犯等も含めあらゆる分野に大きく広がっています。IoT(モノのインターネット)のムーブメントで引き合いが急増しています。有名水族館の水質異常検知にも採用されています。
さらに新しい分野への振興では、医療分野(病院の医療機器の異常を感知・通知)や福祉分野(今までにない新しいロジックで高齢者の現実的に日常生活を見守り、遠距離にいる親子での会話促進にもなります)など独自の専用アプリケーションの企画・開発とブランド化を進めており、実績が上がっています。さらに関東では公共インフラの代表格である上下水道の濁り検出にも導入されようとしていて、大きな話題になっています。近い将来、水道水など日本中の多くの上下水道がれんら君によって安全維持管理されるかもしれません。
■次世代産業機器/当社では様々な次世代産業機器の開発も行っています。ウェアラブルロボット、無重力搬送機、3次元エレベーター、セラミックス自由成形機、自動機をつくる自動機他様々な開発や研究テーマがあります。企画から機械、電気、電子、ソフトウェアまで全ての研究開発を行い、今後この部門は益々拡大していく計画で、当社のフラッグシップ・テクノロジーとして大きな特長にしていきたいと考えています。もちろん全て自社ブランドで発売します。今後はFA以外の分野にもどんどん広げていきたいと考えています。
■エネルギーリサイクルシステム/新規事業領域です。今後の期待の大きな部門です。
■産業機械を一般市場に開放する研究/新規事業領域です。産業革新につながる可能性があります。
地球環境に優しい製品開発 当社は国内最先端のモノづくり企業として、この素晴らしい地球環境を守り、子供たちのために引き継いでいくことが企業の責任であると考えています。そのためCSRにもエコ活動への取り組みを策定し、独自の活動を進めています。当社の主力製品であるエアチャックは空気圧で稼動するエコ機器で1974年から製造を開始しています。そして40年経った今でも、この機器のパーツの注文をお受けしたり、直して欲しいという依頼があり、半永久的にご使用いただいています。当社の製品を末永くご愛用いただくと共に、地球環境の保護を考え『使い捨て』から『直して使う』ことを選択していただける喜びを感じています。(◎機器や装置の稼動に伴い発生、消費する熱や圧縮空気、電気などのエネルギーを回生する技術の研究にも取り組んでいます)当社のカタログには40年以上前に開発したパーツも廃版にすることなく掲載しています。人と社会を未来に導く最適なモノづくりシステムを提供することが私たちの存在価値であると考え、今後もたゆまぬ努力と研究開発を行っていきます。
ここが会社の自慢 独自の市場創造力。オリジナル企画・研究開発・販売力
『人』を中心とした企業つくり
それぞれの能力や個性が十分に発揮できる自由な社風
独創的な研究開発や仕事に取り組める事業領域と事業体制
能力のある人、頑張った人が満足ゆく高額所得を得られ、さらにやる気になれる全国最高水準の給与昇給体系
万全のサポート体制(自己啓発ほか全社員の成長ために惜しみなく予算・時間を投入します)
国内第1位の圧倒的な納入実績
長年にわたる社会的信頼性(政府認可多数、受賞表彰多数、大手金融機関奨励多数、マスコミ各社・大手経済メディア・政府系メディア多数掲載、京都府モデル工場、経営陣の財団法人・経済団体への役員就任多数他)
グローバル拡大志向の経営方針、他
ISO認証取得 ISO9001、ISO14001を全事業所で認証取得しています。

連絡先

本社管理部/京都府長岡京市馬場図所27 〒617-0828
ホームページアドレス http://www.nke.co.jp/
TEL:075-955-0071 人事担当/橋本『どんな事でもお気軽にお問い合わせ下さい。お待ち致しております』

■交通アクセス■
本社/JR京都線長岡京駅から徒歩15分です。
掲載開始:2017/04/20

NKE株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

NKE株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)