大和興業株式会社
ダイワコウギョウ

大和興業株式会社

大和興業グループ/特殊鋼
  • 正社員
業種
金属製品
商社(金属)/自動車/鉄鋼/コンピュータ・通信機器・OA機器
本社
愛知
直近の説明会・
イベント

私たちはこんな事業をしています

モノづくりを縁の下で支える
各種特殊帯鋼の加工に特化した専門商社です。

特に、みがき特殊帯鋼と呼ばれるストリップ状の特殊鋼を得意とし
スマートフォンや自動車等の精密部品に使われる狭幅特殊帯鋼に強みがあります。
この分野では量・質ともに全国トップクラスの実績。

特殊鋼を販売している先は
トヨタ自動車(株)関連企業やセイコーエプソン(株)など。

最先端のモノづくりを陰で支えている会社なんです。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

HV・スマホ・タブレット端末。身近なところで活躍中!

自動車やスマートフォン、タブレット端末などの先端商品には鉄やアルミなど様々な材料が使われますが、中でもとくに欠かせないのが特殊鋼。その中でもみがき特殊帯鋼やバネ用ステンレス鋼帯と呼ばれる帯状の特殊鋼は、その優れたバネ性や耐食性などから不可欠なものとされています。当社はそうした特殊帯鋼の分野におけるスペシャリストとして、自動車から通信機器、パソコン、AV機器、ロボットなど広範な分野へさまざまな特殊帯鋼を供給しています。またスマートフォンなど小型機器に使われる「狭幅特殊鋼」の加工技術や品質に強みを持ち、世の中の「軽薄短小化」のニーズに即した展開で、当社の存在感はますます大きくなっていくことでしょう。

事業優位性

ジャストインタイムを徹底することにより優位性を確保

ジャストインタイムが当社の強み。すなわち「欲しいものを、欲しい時に、欲しい場所へ届けられるよう生産体制を整えること」。当社の場合、それをどこよりも早く、どこよりも徹底して行うことで優位性を確保しています。そのためにスリット機(切る)や綾巻機(巻く)、溶接機(つなぐ)などの設備を自社で導入し、あえて配送もグループ会社の自社トラック便にしています。どちらも導入当時、同業他社からは「過剰サービス」と言われた決断でしたが、結果としてそれが特殊帯鋼分野で日本有数と言われる原動力となりました。お客様が本当に求めていることは何か。それを考え抜いて実行することで当社は業界内で優位性を保っています。

社風・風土

KAIZENレポートと自己成長

当社の社訓は「大勢に惑うことなく」という言葉で始まっています。すなわち時流に流されず、自ら信ずるところを実行していくという企業姿勢です。「事業優位性」で挙げたジャストインタイムを実現するために業界の常識に逆らって自社設備、グループ会社での自社配送を決断したことはその典型と言えますが、社員から「KAIZENレポート」と呼ばれる報告書が毎日社長に提出されるなど、品質を高め、仕事の効率を向上させる永続的な改善も当社の風土を物語っています。さらに職業人ではなく社会人としての成長を目的に、通信教育や読書レポートを推進。社員一人ひとりの能力ややりがいを育む教育訓練にも力を入れています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

「ほしいモノを、ほしい量だけ、ほしい時間に、ほしい場所へ」。

お客様の鋼材のニーズにジャストインタイムでお応えできるよう
営業はニーズを拾い、
技術はそれに合わせて鋼材を加工する。

仕事はいつでもチームプレイ。
新たなチーム大和の一員として、オールラウンドに活躍して下さい。

会社データ

事業内容 各種特殊帯鋼の加工・販売
設立 1969年(昭和44年)年 5月
資本金 3000万円(グループ3社合計)
従業員数 58名 (2017年1月時点 グループ3社合計)
売上高 76億円 (2016年11月期 グループ連結実績)
代表者 代表取締役 遠藤 定道
事業所 〒476-0006 愛知県東海市浅山一丁目 108番地
TEL 052-689-0100(代表), FAX 052-689-0150
主要取引先 トヨタ自動車株式会社 関連企業
本田技研工業株式会社 関連企業
セイコーエプソン株式会社 およびその関連企業
主要加入団体 社団法人 日本ばね工業会中部支部 協賛会
社団法人 全日本特殊鋼流通協会
社団法人 特殊鋼倶楽部
名古屋ステンレス流通協会
グループ企業 大和スリット株式会社(愛知県東海市)
大和興業株式会社(長野県岡谷市)
主要取扱商品 ●みがき特殊帯鋼、ベーナイト鋼帯、焼入リボン鋼帯
(主な用途)
自動車用ホースクリップ、
タイヤホイール用バランスウェイト
トルコンギア
エアバッグ
カーエアコン等各種電装製品など

●ステンレス鋼帯
(主な用途)
スマートフォン
タブレット端末
携帯電話
アミューズメント機器
DVDレコーダー等のAV機器
パソコン周辺機器
各種家電製品など

●電磁・ハイテク材料
(主な用途)
プリンター等パソコン周辺機器
デジタルカメラ
ロボット
携帯電話など
平均年齢 38歳
日本人特有のキメ細やかさが求められるデリケートな取扱い商品 当社が手掛けているのは鉄の中でも加工や品質面の確保において高い技術が求められる、「特殊鋼」と呼ばれる特別な鋼材。そのため海外鉄鋼メーカーとの価格競争になりづらく、市況は安定しています。

また、私たちの扱う特殊鋼は、日本人に本来備わっている繊細さと緻密さが要求される、大変デリケートな鋼材。したがって品質担保の点から製造拠点の海外移管は容易でなく、あえてグローバルではない安定感がこの鋼材にはあるといえるでしょう。今日もまた、この東海市から世界に向けて狭幅特殊帯鋼を作り続けています。
社員一丸となってお客様に向かう会社 一人でスタンドプレイを行うのではなく、サッカーチームのように有機的につながり合いながら、会社全体でお客様に向かい合っていく。最近では「顧客目線の商品づくりとサービス提供」に向けて、スタッフ一人ひとりが顧客目線の考働に努めています。

商品力・信用力はコツコツ培ってきた実績がありますが、それに決してあぐらをかくことなく、顧客満足にとことんこだわっていきます。
欧州トップクラスのグローバル企業 サンドビック社の御目に適った「バリを限りなくゼロにするスリット加工」技術 世界130ヶ国で4万人超の従業員を擁する名実ともに欧州トップクラスのグローバル企業、サンドビック社とのプロジェクトが2013年5月、スタートしました。
同社製造の高精度特殊帯鋼を長手方向に短冊状に裁断(スリット加工)する仕事ですが、その中で求められている重要スペックのひとつは、スリット切断面に構造上発生する“バリ”を恒常的にかつ限りなくゼロにしてほしいというもの。
当社はこれ まで蓄積したノウハウを結集し、触診ではバリをほとんど確認できないレベルにまで追い込むことに成功。スウェーデンのサンドビック本社からその卓越した加工技術と管理技術に厚いご信頼を寄せていただいています。また当プロジェクト専用の大型スリッターラインも2014年より稼働を開始。さらなる成長に向けて着実に前進しています。

連絡先

〒476-0006 愛知県東海市浅山一丁目108番地
TEL 052-689-0025 FAX 052-689-0017
担当者/総務部  坂田・青木・三輪
ホームページ/http://www.daiwakg.co.jp
e-mail/sakata@daiwakg.co.jp
掲載開始:2017/03/01

大和興業株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

大和興業株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)