社会福祉法人光友会
コウユウカイ
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • 正社員
業種
福祉・介護
教育関連
本社
神奈川

私たちはこんな事業をしています

当法人では、子供から大人までの各種障害福祉における、よりよいサービス提供を目指し、さまざまな活動を行っています。
グローバルな視野に立って、よりヒューマニティな社会福祉の形成をサポートしています。
時代の要請に応えて、新規事業にも積極的に取り組み、一人でも多くの方々と連帯して活動し、よりよい地域社会の実現に力を注いでまいります。

当社の魅力はここ!!

企業理念

障害者の当たり前の生活を営む権利を尊重し事業を展開

「障害者には、同世代の健常市民と同様の『当たり前の生活を営む権利』、すなわちあらゆる面での『完全参加と平等』の権利があります。そして、これを保障するためには、全ての面での条件整備が必要です。 当法人の基本理念は、障害者の権利を尊重する意思に基づき掲げられ、事業を展開しています。

事業・商品の特徴

職場改善活動実施中! 気が利く人財は組織の強み!

「より働きやすい職場環境」「より質の高い福祉サービスを提供する」ことを目的とした「イキイキチャレンジ職場改善活動」を実施しています。法人の各職場は ・3S活動(整理整頓清掃) ・リスク(危険)低減 ・職場のオリジナルテーマなどから年間テーマを決めます。皆で取り組んで行くことでコミュニケーションが生まれると同時に、気がつかない→気がつく→気になる→気が利く と職員の意識が徐々に変化していきます。活動は、今年で3年目に入り、取り組みの内容もレベルアップが図られてきました。職員からは「他部署の取り組みを見て励みになる!」と好評です。本活動は、来年度、第2ステージに入ります。

仕事内容

一人ひとりに寄り添い適切な支援を提供すること

障害のある、さまざまな世代の方々の生活を支えていくことが、私たちの仕事です。一人一人の目標を共有しながら相手の立場に立って「共感」することや、ご本人から学ぼうとする「謙虚な姿勢」が、この仕事には、求められます。目の前の人の笑顔をつくり出す、とてもやりがいのある仕事です。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

【障がい児・者支援、介護職】
当法人の運営する各施設において、障害者児・者介護・生活支援・作業支援・保育業務等に従事していただきます。

会社データ

事業内容 障がい者支援施設の運営
設立 1977年
資本金
従業員数 360名
売上高 19億5619.5万円(2015年度サービス活動収益)
代表者 理事長 五十嵐紀子
事業所 本部/神奈川県藤沢市獺郷1008-1
神奈川ワークショップ/神奈川県藤沢市獺郷1008-1
ライフ湘南/神奈川県藤沢市遠藤642-6
湘南希望の郷/神奈川県藤沢市獺郷1003
在宅支援センター/神奈川県藤沢市獺郷1008-3,4
地域生活支援センター/神奈川県藤沢市獺郷1008-1
児童支援センター/神奈川県藤沢市獺郷1002-1
湘南台いきいきサポートセンター(湘南台地域包括支援センター)/神奈川県藤沢市湘南台1-8
藤沢市太陽の家/神奈川県藤沢市鵠沼海岸6-6-12
光友会事業サポートサービスセンター/神奈川県藤沢市獺郷1008-1
地域交流ホームかわうそ/神奈川県藤沢市獺郷1002-2
いそご地域活動ホームいぶき/神奈川県横浜市磯子区杉田5-32-15
沿革 1977年5月 障害者・ボランティア・地域住民のための交流の場「さがみライトサロン」を五十嵐宅内に開設。
10月 神奈川県の障害者地域作業所の開始に伴い、第1号として指定を受け、電子部品の組立作業を開始。
1980年12月 社会福祉法人「光友会」厚生大臣より認可。
1981年4月 身体障害者通所授産施設の制度化を受け、「神奈川ワークショップ」(定員20名)を開設。
1982年4月 授産訓練終了時の雇用の場として、法外施設「湘南文化社」(ミニ点字出版所)を開設。
1984年4月 神奈川ワークショップ、デイサービス事業を開始。
1986年6月 身体障害者療護施設「湘南希望の郷」(定員50名)、地域作業所「のぞみの家」同時に開設。
1989年4月 藤沢障害者自立生活支援センター「湘南希望の郷ケアセンター」、身体障害者福祉ホーム「藤沢サンライズ」(定員10名)を同時に開設。地域作業所「さんふれんど」を開設。
1990年3月 神奈川県より委託を受け、第二教育センター(現在神奈川県立総合教育センターに改称)内に「ともしびショップ」2号店を開設。
1992年4月 「神奈川ワークショップ」「さがみライトサロン」「湘南文化社」獺郷に移転。「神奈川ワークショップ」定員50名に増員、同時に給食開始。
1995年6月 湘南希望の郷別棟「ニューセントピア」を建設し、「湘南希望の郷」定員60名に増員及び短期入所定員18名に増員。
1996年10月 市町村障害者生活支援事業「藤沢障害者生活支援センター」開設。
1997年4月 『小論八題』発刊(「光友会創設から20年間の歩みと21世紀に向けての目標」など、五十嵐光雄著)。
1999年3月 地域交流ホーム「かわうそ」開所(初の民間団体助成:自転車振興会)。
2000年4月 介護保険法施行により「光友会 居宅介護総合支援事業」(ケアマネージメントサービスセンター、ホームヘルプサービスセンター、訪問リハビリテーションサービスセンター、湘南希望の郷デイサービスセンター)開始。
8月 藤沢市秋葉台文化体育館内に福祉的就労協力事業所「レストラン セルプ湘南」オープン。
2002年11月 イトーヨーカドー湘南台店内「みんなのふれあい福祉ショップ テルべ」運営開始。
2004年4月 法人内の就労施設を統廃合し、市公社から借地し新たに知的障害者通所授産施設「ライフ湘南」(定員50名)開設。藤沢市より指定管理者委託を受け、「藤沢市太陽の家」の知的障害児通園施設「しいの実学園」(定員60名)、知的障害者通所更生施設「藤の実学園」(定員50名)、「体育館」運営開始。
2005年1月 横浜市の施策による、磯子区の社会福祉法人型障害者地域活動ホームとして、「いそご地域活動ホーム いぶき」開設。
2006年10月 グループホーム「藤沢サンライズたかくら」開設。
2007年10月 光友会創設30周年記念式典。(元厚生省社会局更生課長 板山賢治氏、元宮城県知事 浅野史郎氏によるシンポジウム開催)身障知的から見た今後の障害福祉。
2008年9月 グループホーム「藤沢サンライズぜんぎょう」開設。翌年4月に日中一時支援事業所「ぜんぎょう」開設。
2009年11月 五十嵐紀子先頭での事業展開。五十嵐光雄逝去2009年11月28日。
2010年3月 「藤沢市湘南台地域包括支援センター」開設、グループホーム「藤沢サンライズおそごう」開設。
4月 「児童デイサービスおそごう」開設。
2011年2月 就労支援用農地取得。
3月 障がい福祉センター「ひかり」開設。
5月 「かわうそ工房」(神奈川ワークショップ従たる事業所)開設。
9月 グループホーム「藤沢サンライズこーゆー」開設。
2012年9月 辻堂駅前アイクロス湘南にて高次脳機能障がい者相談支援事業「チャレンジ2」業務開始。
2013年3月 いぶき 障害者後見的支援室「コネクト・ハート」開設。
2013年4月 「光友会事業サポートサービスセンター」開設。
12月 まちのうどん屋さん「茶房留2」(ライフ湘南従たる事業所)開設。
2014年6月 グループホーム「藤沢サンライズくずはら」開設。
2015年6月 光友会事業サポートサービスセンター「やすらぎ食堂」開設。

連絡先

社会福祉法人光友会
〒252-0825
藤沢市獺郷(おそごう)1008番地の1
(社福)光友会 総務宛
TEL:0466-48-1500
掲載開始:2017/03/09

社会福祉法人光友会に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

社会福祉法人光友会に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)