鶴崎海陸運輸株式会社
ツルサキカイリクウンユ
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • OpenES
  • 正社員
業種
海運
陸運(貨物)/倉庫/商社(石油製品)/ソフトウェア
本社
大分

私たちはこんな事業をしています

世界を舞台に、大分で国際総合物流を手がけて56年。
「時代を読み、どんな時もチャレンジ精神を忘れない。」
時に原点に立ち返り、いつも“心”を見失わずここまで成長してこられたのは、地域社会との絆があったからです。
信頼関係と人を大切にし、国際総合物流という事業を通じて、世界の架け橋となり、
これからも「頼りになる企業」として一丸となって挑戦し、地域社会に貢献していきます。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

世界を舞台に大分の地域経済に貢献、大手企業からも厚い信頼

世界を舞台に、大分で国際総合物流事業を手掛けています。主力の物流事業での取扱貨物は、液状や粉の化学製品、精密機械から関連部品、半導体製品、水産物、食品、一般雑貨など多岐にわたり、どんなものにも対応しています。そのほか、通関業務や倉庫管理、国内大手企業の主力倉庫のパートナーとして製品荷造梱包作業や倉庫管理まで請け負う構内事業など、幅広い事業を展開しています。世界の人や物や文化が行き来する、そのことを支える企業としての思いが強いからこそ、あらゆるニーズに対応し、創業から50年以上、地域からの信頼を得てきました。大分の地域経済へ貢献しながら世界につながる事業に携われるやりがいを感じられます。

仕事内容

貿易業務のプロとして顧客ニーズに応える質の高いサービスを提供

貿易のトータルコーディネーターとして様々な事業を展開しています。お客様の幅広いニーズにお応えしたいという思いから、貿易に関わる業務を一貫して引き受け、お客様に安心と信頼を与えています。ポートサービスでは独自の技術と長年の実績の上に情報を集積させ、常に安全で確実な業務を遂行。船舶代理店業においては大分港トップの取り扱いシェア、通関業でも大分税関支署管内における申告件数は輸出入ともにトップを誇っています。社員がそれぞれの職種のプロとして活躍できるよう、多彩な研修プログラムや資格取得支援制度を用意して業務に必要な免許・資格取得を全面的にサポート、中長期的な視点で人材を育成しています。

社風・風土

「社員はみな家族」社員全員で連携して積極的に新しいことに挑戦

広くアンテナを張って情報収集し、連携をとり新たな挑戦をしていく姿勢を大切にしています。「社員はみな家族」という考え方から、社員全員で積極的に新しいことに挑戦。年齢・年次を問わずアイデアを出し合い、よいアイデアは採用、それぞれの意見を尊重しています。新しいアイデアを生み出すための情報収集や共有も積極的に行い、よりよいサービスを提供できるよう社員全員で協力して日々仕事に取り組んでいます。挑戦する姿勢と新鮮な若いアイデアが会社を発展させていくことができると考えているため、人材採用にも力を入れています。また、社員がいきいきと楽しく仕事に取り組めるよう、クラブ活動や社内イベントも盛んです。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

『大分の経済発展に貢献する仕事』 総合職(企画、営業、技術、管理、人事)

【九州・沖縄Uターン積極採用】

仕事内容としては、港湾運送業、船舶代理店業、通関業、石油販売業、システム開発業など
幅広い事業・職種があります。配属は、本人の適性や希望によって決定します。
どんな職種においても共通するのは『大分の経済発展に貢献する仕事』であること。
誇りと自信を持って果敢に挑戦しています。

会社データ

事業内容 代表的な事業を紹介します↓

●貨物運送業 ●港湾運送業 ●倉庫業 ●曳船業 ●ポートサービス業 ●船舶代理店業
●通関業 ●海上災害防止業 ●石油販売業 ●システム開発業 ●OA機器販売業
 ほか、多数。

■ISO9001  2007年6月取得
■ISO14001  2008年12月取得
『社員はみな家族』 大分の貿易を一手に担う、といっても過言ではない当社。

景気に大きく左右されることもなく着実に成長してきましたが、
リーマンショック以降は、その波を少しは受けました。
しかし、そんな時でもリストラを一切行うことなくやってきました。
それは、当社に社員(とその家族)はみな家族である、
会社は、社員(とその家族)を守る義務がある、という考え方があるからです。

個々の適性を見て配置転換をしたり、研修や資格取得バックアップに力をいれているのも
一人ひとりの可能性を広げ、果敢に挑戦し、成長し、やりがいを感じてほしいからなのです。
設立 1960年4月
資本金 8,000万円
従業員数 733名(平成29年1月1日現在)
売上高 164億円(平成28年度)
代表者 疋田 智昭
事業所 本 社:大分市三佐
営業所:東京、中津
事業所:大分市内に20カ所

関連会社 ■自社はもちろん、グループ企業と連携を取りながら、貿易をトータルにサポートしています。

エスティケイテクノロジー(株)
鶴海運輸(株)
西ノ洲環境(株)
株式会社ホックス
ナカノス建設工業(株)
鶴見興産(株)
大分マリンサービス(株)
沿革 1960年 4月 漁業者の転業策として鶴崎海陸運輸(株)設立 資本金500万円
1964年 4月 九州石油(株)大分製油所 構内作業請負契約締結
1965年 1月 資本金2,000万円
同年 8月 資本金2,500万円
1968年 1月 昭和電工(株)大分石油化学コンビナート 請負基本契約締結
    4月 資本金4,000万円
    12月 大分臨海曳船株式会社設立【現:大分臨海興業(株)】
1969年 8月 資本金8,000万円
1971年 9月 新日本製鐵株式会社 構内作業基本契約締結
1974年 10月 大在海陸株式会社へ経営参加【現:鶴海運輸(株)】
1975年 6月 新鶴海興産株式会社設立【現:STKテクノロジー(株)】
1978年 11月 ナカノス建設工業株式会社設立
1979年 4月 三佐倉庫竣工
同年 7月 物流管理センター竣工
同年 11月 危険品倉庫竣工
    10月 大分マリンサービス株式会社設立
1981年 10月 ホックス電子工業株式会社設立【現:(株)ホックス】
1985年 2月 鶴見興産株式会社設立
    2月 西ノ洲環境株式会社設立
1986年 4月 東京営業所開設
1990年 3月 鶴崎海陸運輸厚生年金基金 厚生省より認可を受け設立
同年 5月 鶴崎海陸共済会設立
    12月 鶴崎海陸流通センター竣工
1996年 10月 大在コンテナヤード稼動 コンテナ荷役開始
冷凍冷蔵倉庫運営開始
1998年 2月 大在流通センター2号倉庫竣工
2004年 6月 アクアクララ大分工場竣工
    12月 中津営業所開設
2006年 5月 鶴海トラックセンター開所
2010年 4月 創立50周年

連絡先

〒870-0196
大分市大字三佐1000
人事部 江藤 健太郎
TEL:097-521-6113
掲載開始:2017/03/01

鶴崎海陸運輸株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

鶴崎海陸運輸株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)