PSP株式会社
ピーエスピー
  • 正社員
業種
ソフトウェア
医療機器/商社(医療機器)/情報処理/医療関連・医療機関
本社
東京

当社の魅力はここ!!

魅力的な人材

信念を持って自ら突き進める人材が、活躍できる環境です。

レントゲン、CT、MRI等の画像診断装置で撮影された医療画像をもとに診断を行う医師を、ITによって支えている当社。高い製品力はさることながら、社員一人ひとりが率先して動く姿勢が、お客様である病院、更には患者様一人ひとりの笑顔を支えています。実際、社長自らがお客様先の病院に立ち寄った際、他社製品におけるシステム異常を発見してしまった、という逸話が残っている程、その精神は会社全体に浸透しています。もちろんこの精神はこれからも大切に受け継がれていきます。患者様のため、医療のため、そして社会に自分がどのような影響を与える事ができるか、自ら考え行動して欲しい。それができる人材が、ここでは活躍しています。

社風・風土

一人ひとりの社員をしっかりと見守っていく風土です。

社員一人ひとりの成長に丁寧に寄り添っていくのが当社の育成方針。上司や先輩の丁寧な指導はもちろん、社長自らが面談を行い、個々の成長に向き合っています。面談の内容も、将来のキャリアアップや目標の再確認だけでなく、今、どういった課題を抱えているのかなど、社長自らがかなり踏み込んだところまでアドバイスしていく中身の濃いものになっています。その甲斐あってか、「自信が付いた」、「ドクターと対等に話ができるようになった」など、「面談がプラスに働いた」という声が多く聞かれています。もちろん、その成長はしっかりと評価に反映されるから、モチベーションも維持しやすく、働く上での好循環が生まれやすくなっています。

事業・商品の特徴

品質に対する絶対の自信―。選ばれ続ける製品が当社の誇りです。

「画像診断医学」とよばれる臨床医療分野を対象にした製品開発を行う当社の強みは顧客満足度。画像診断を行う医師にご満足いただける製品の提供には絶対の自信を持っています。それは、時に一刻を争い、患者様の生死と相対峙する医療現場で、わずか1クリックの手間を惜しむことにもこだわる医師からの要望に真摯に向き合い、寄り添った結果です。この満足度の高さが、別の病院に医師が移っても当社製品を指名し、使い続けて下さる理由です。これは、小回りが利く専業ベンダーだからこそなせるものであり、大手ではなかなか手が回りません。今後は、画像分野だけでなく、より利便性の高いシステムの開発などにも着手していきます。

会社データ

事業内容 ■医用画像診断支援システム「PACS」、放射線情報管理システム「RIS」、内視鏡洗浄管理システムなどの病院内情報システムの企画・研究・開発・販売・保守
■遠隔画像診断支援システム、地域医療機関連携システムの企画・研究・開発・販売・保守
■臨床医療支援クラウドコンピューティングの企画・研究・開発・販売
■電カルテシステムの開発・販売・保守
設立 1989年8月1日
資本金 3億7965万円
従業員数 296名
※2017年1月時点
売上高 46億円
※2016年6月実績
代表者 代表取締役社長 八木裕子
事業所 ■本社
東京都港区西麻布4-16-13 西麻布六本木通ビル

■国内事業所
札幌/北見/弘前/仙台/山形/福島/宇都宮/高崎/東京/神奈川/甲府/静岡/新潟/松本/金沢/名古屋/津/大阪/米子/広島/高松/愛媛/福岡/熊本/鹿児島/沖縄

■海外事業所
シンガポール/タイ/ネパール
主な取引先 全国国公私立病院、販売代理店、他
沿革 【1989年】
8月・東京都港区南青山にて設立
10月・学校教育用ソフトウエア開発部門を開設し、中学校向け数学学習ソフトウェアの開発に着手、翌春製品化

【1990年】
4月・通信システム開発部門を開設し、コンピュータテレフォニーボード及び汎用アプリケーションの開発・発売

【1991年】
7月・医用画像システム開発部門を開設し、放射線部門画像ファイリングシステム(共通規格)の開発・販売を開始

【1992年】
10月・Macintosh版循環器用心カテ画像解析ソフトウェア(情報処理振興事業協会受託開発プログラム)の開発・販売開始 (Windows版は1994年)

【1995年】
10月・静止画対応医用ビューワソフトウェア(Medica Viewer)を開発し、販売開始

【1998年】
7月・DICOMサーバソフトウェアを完全自主開発し、販売を開始

【1999年】
9月・Web対応汎用医用ビューワソフトウェア(Ext Viewer)を国内で初めて開発し、販売を開始

【2000年】
3月・Web対応所見作成支援ソフトウェア(iReporter)を国内で初めて開発し、販売を開始

【2001年】
2月・DICOMゲートウェイ・超音波エコー画像ファイリングシステム(FILEシリーズ)を開発し、販売開始

【2003年】
8月・循環器動画用ビューワソフトウェアを開発し、販売を開始

【2004年】
1月・循環器動画対応画像ファイリングシステムを開発し、販売開始

【2005年】
4月・フィルムレス対応汎用画像診断ビューワソフトウェア(EV Insite)

【2006年】
4月・放射線科情報管理システム(RISE-1)を開発・販売開始

【2007年】
5月・DICOMゲートウェイ・紙媒体データDICOM変換システム(Ext Record)を開発し、販売開始
6月・情報セキュリティマネジメント規格「ISO27001」の認証を取得

【2008年】
7月・フィルムレス画像診断の精度を担保する検像システム(EV Confirm)を開発し、販売開始

【2010年】
1月・マンモグラフィ専用画像ワークステーション(EV Insite M)を開発し、販売開始症例ファイル管理システム(EV Palette)を開発し、販売開始

【2011年】
10月・タブレット端末(iPad)対応画像参照システムを開発し、販売開始

【2012年】
9月・環境マネジメントシステム規格「ISO14001」の認証を取得

【2013年】
12月・商号を「ピー・エス・ピー」からローマ字表記の「PSP」へ変更

【2014年】
7月・「医用システム綜合研究所」を設立

【2015年】
12月・「EV Insite R」その他画像診断用プログラム5製品の医薬品医療機器法認証取得

ISO13485:2003(医療機器の品質マネジメントシステム)認証取得

【2016年】
3月・米国FDA510(k)許可取得

連絡先

PSP株式会社
〒106-0031 東京都港区西麻布4-16-13
新卒採用チーム
03-3479-0135
E-MAIL pspsaiyo@access-t.co.jp
掲載開始:2017/03/01

PSP株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

PSP株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)