アズワン株式会社
アズワン
  • 株式公開
  • 正社員
業種
商社(総合)
商社(機械)/商社(医療機器)/半導体・電子部品・その他/医療機器
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

アズワンは「カタログ」を使って理化学機器、産業機器、医療・看護用品等を販売している商社です。
また、ファブレス企業として自社で商品の企画・開発も実施。
独自の販売チャネル、オリジナル性の高い商品と企画、他社に負けない物流力などにより、日本の科学技術の発展に貢献することがアズワンの事業です。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

巨大インフラを創り出し、新しいビジネスを生み出す!

私達の行うビジネスの仕組みを簡単に説明すると、総部数100万部の専門カタログを発行→総点数7万点超の膨大な商品情報を掲載→全国10,000拠点の代理店ネットワークを通じ研究施設やハイテク工場、医療機関に配布→注文が入れば情報インフラを活用して受発注情報をダイレクトに物流センターへ→即日出荷という流れになります。この仕組みを言い換えるなら、100万人の営業と10,000カ所の営業所を持つ、巨大インフラを活用したビジネスなのです。こうしたビジネスモデルの成果が、経常利益率11%という圧倒的に高い数字を生み出しています。

仕事内容

商品を売るのが仕事ではない。売れる仕組みを考えるのが仕事。

担当するディーラーに対して、新商品や強化商品の売り方提案といった販売支援施策を行います。カタログを研究機関・医療機関に直接お届けするという、実際の営業活動はディーラー。担当ディーラーに対する営業戦略を考えるのが仕事です。もちろん、重要な案件等は積極的に同行提案を実施します。一方で、メーカー機能を併せ持つ商社ですから、リアルタイムにユーザーニーズを吸い上げ、オリジナル商品を企画・開発し、提案するという側面も持っています。キーワードは“仕組みを仕組め”。マーケティングを通じて得た情報を、次のビジネスモデル構築に反映させ、アズワンのビジネスインフラをより強く、より深く張り巡らせます。

魅力的な人材

世界に負けない人材を育てる!

2009年1月から「次世代育成グローバル化推進プログラム」と銘打ち、研修として社員を中国に派遣しています。これは20代から30代の若手社員を中心に、経営的センスや現状を打破する判断力を体得してもらう次世代リーダーの育成プログラムです。大きな特徴は、日本とは全く違う環境の中、実際の中国市場を肌身で感じ取りながら、ビジネスを展開していく点。これから当社が勝ち残っていくためには、日本市場のみならず全世界を見据えた戦略と人材が必要です。その戦略と人材を勝ち取るための「種」を、このプログラムを通じて育てています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

(1)営業
(2)企画(商品、販促、カタログ、Web等)
(3)システム
(4)経理・財務・総務・人事
(5)国際業務

会社データ

事業内容 研究用機器機材、看護・介護用品、その他科学機器の販売
設立 1962年6月
代表者 代表取締役社長  井内 卓嗣
資本金 50億75百万円
売上高 460億80百万円(2012年3月期)
468億96百万円(2013年3月期)
495億95百万円(2014年3月期)
504億38百万円(2015年3月期)
518億67百万円(2016年3月期)
経営指標 <2012年3月実績>
経常利益:49億51百万円(経常利益率10.7%)

<2013年3月実績>
経常利益:51億50百万円(経常利益率10.9%)

<2014年3月実績>
経常利益:57億48百万円(経常利益率11.6%)

<2015年3月実績>
経常利益:60億10百万円(経常利益率11.9%)

<2016年3月実績>
経常利益:59億24百万円(経常利益率11.4%)
従業員数 339名(2016年3月末現在)
事業所 本 社 / 大阪(大阪市西区)
支 店 / 東京、横浜、名古屋
営業所 / 札幌、仙台、つくば、西東京、大宮、静岡、京都、神戸、高松、
      広島、福岡、沖縄
海 外 / 上海(現地法人)
その他 / 大阪物流センター、東京物流センター、九州物流センター
関連会社 井内物流株式会社
ニッコー・ハンセン株式会社 
亜速旺(上海)商貿有限公司
沿革 1933年(昭和8年)    井内盛栄堂商舗として創業
1962年(昭和37年)  株式会社井内盛栄堂を設立
1963年(昭和38年)  研究用カタログ第1号「Polyethylene Were」を発刊
1985年(昭和60年)  病院用看護用品へ進出
1995年(平成7年)    株式店頭公開
1999年(平成11年)  東証2部・大証2部へ上場
2001年(平成13年)  東証1部・大証1部へ同時上場
             アズワン株式会社に社名変更
2007年(平成19年)  中国上海市に亜速旺(上海)商貿有限公司を設立
2011年(平成23年)  九州物流センター開設
2012年(平成24年)  新基幹システムASCA稼働
企業コメント 【PRIDE】
 アズワンは理化学機器のトップクラスサプライヤーとして、日本の科学技術の進歩を支えてきました。技術立国日本の頭脳である研究者たちの細やかで高度なニーズに応え続けて来たことが、私たちの誇りです。
 これからも「SCIENCE DREAM SUPPLIER」として日本の科学技術に貢献していくための事業を展開していきます。

【MARKET&SYSTEM】
 アズワンの事業領域は「研究」分野をはじめ「産業(半導体等)」「医療」の3市場。さらに成長市場と考えられる「食品衛生」「バイオサイエンス」分野への参入もはかっています。これらの分野に対し、営業・企画・物流・情報機能に独自の特徴を持たせ組み合わせることで実績をあげてきました。

 アズワンの強みは、まさに仕組み。約10,000拠点の販売網(代理店)を築き、100万部のカタログは100万人の営業担当者として機能。低コストかつ広範な営業体制を確立しています。さらに約2500社のサプライヤーと提携し、商社でありながら研究者のニーズに合った新商品を企画・開発するファブレス企業としての実績をあげてきました。

 物流においてはクイックデリバリーを戦略の基本と考え、国内3ヵ所の物流センターで全国をカバー。高度な情報システムとの組み合わせで当日出荷率95%を実現しています。2012年春には次世代を意識した大規模なIT投資を行い、基幹システムを刷新。その結果、業界では欠かすことのできない情報インフラとして絶大な支持を得ています。
中期経営計画 アズワンでは2020年3月期に向けた中期経営計画を発表しました。
事業の持続的成長を実現するため、そしてアジアのおける「科学」と「医療」のトップブランドになるため、アズワンは全力疾走します。

- 2020年のビジョン -
【連結売上高】 700億円
【営業利益率】 13%
【ROE】    11%

- 具体的な施策 -
【eコマース事業の拡大】
   従来のカタログ掲載商品点数約7万点を100万点まで拡充
【海外事業の拡大】
   中国市場での販売強化と東南アジア地域の開拓
【新規商材】
   専門性を活かしたニッチマーケットの開拓

連絡先

■大阪本社
大阪市西区江戸堀2丁目1番27号
〒550-8527
担当/総務部(採用担当) 
電話:06-6447-1210
掲載開始:2017/03/01
この企業は、以下の特集で紹介されています
日本で就職したい!海外からの留学生向け特集

アズワン株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

アズワン株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)