カネコ種苗株式会社
カネコシュビョウ

カネコ種苗株式会社

東証一部上場
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • 株式公開
  • OpenES
  • 正社員
業種
農林
食品/商社(食料品)/その他商社/その他製造
本社
群馬

私たちはこんな事業をしています

◇◆食の根幹である農業のために様々な挑戦を続けています。◆◇

~ハイテクと国際化にチャレンジする農業総合企業~

”農”は”食”のモトであり、”種”は”農”のモトです。
弊社は創業以来、研究・栽培指導の強みを生かし、アグリビジネスを多角的に展開しながら、
日本の農業・園芸とともに100年以上を歩んできました。
常に時代・現場のニーズに耳を傾けながら、細かな需要にもねばり強く応えています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

「農業総合企業」として農家のみなさんのお手伝いをしています。

種苗メーカーとして、時代の一歩先にあるニーズに応える高品質な種子を安定的に供給することが私たちの役目。また、当社では早い段階から農業と科学を結びつけ、野菜の育種を目的とした研究機関やバイオテクノロジーの研究所などを作り、ウイルスフリー苗の開発といった多様な研究開発に取り組んできました。野菜等の周年・計画生産を可能にする人工光による植物工場もその1つです。そのような研究開発のみならず、私たちは農業に必要不可欠な農薬・施設材等を供給することにより、農業総合企業として農業をサポートしながら、間接的に農家さんのお手伝いをさせていただいております。今後も農業発展のために様々な挑戦を続けていきます。

事業優位性

細やかな栽培指導と全国に拡がる営業網

当社は、創業から100年を越える種苗会社としての総合力を基盤に、商品力はもちろん、豊富な知識と経験を強みに、細やかな栽培指導も併せて行うことで、他社との差別化を顕著なものへとしてきました。そんな私たちの強みは、幾度となく「現場」へ足を運び、お客様の身近で信頼関係を築いてきたところにあります。また、地元群馬から積極的に全国へと営業網を拡大。現在、全国各地にある支店・営業所で、地域に密着した顧客対応を行うことで、強固な信頼関係の構築を実現しています。今後も当社は、地元の名産品に育つようなヒット商品を生み出すことで、地域へ貢献していきたいと思っています。

社風・風土

その先を見つめ、今やるべきことを考え実行する

当社の望みは、農家の安定収入を支えること。そのため私たちは、病気に強い品種を提供し、健康的かつ効率的に生産が行える環境を実現するため、農業総合企業としての知力を発揮し、常にねばり強く品種改良やシステム開発に挑んできました。生産者と顔を合わせ、気持ちを通じ合わせながら、農家と共に歩んできた歴史がここにあります。また、熟知した先輩がバックアップしながら、若手の成長を見守る風土が根付いているため、文理問わず新入社員は様々な挑戦をしながら成長していくことができます。農業の未来を支える企業であり続けたいからこそ、人材も作物のように力強く育ってほしいと考えております。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

【営業職】
種苗・花き・農薬・施設園芸用諸資材の販売

【技術職】
野菜や花の品種開発、品種改良、植物病理、バイオテクノロジーの研究、
養液栽培プラント及び植物工場の開発、種子生産、温室の施工等

【事務職】
営業事務、管理部門、法務、経理、労務、人事等

【施工管理】
農業用ハウス等の施工管理

会社データ

事業内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ハイテクと国際化にチャレンジする
    ~ 農業総合企業 ~
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆農産種苗の生産及び販売
◆花き園芸資材の生産及び販売
◆造園工事の設計及び施工
◆温室、農業用生産資材の製造及び販売
◆農業薬品、被覆肥料、樹脂資材の販売
◆養液栽培システムの販売
◆施設園芸諸機材の販売及び修理
◆農業土木工事の請負設計施工
◆その他これに附帯する一切の業務
創業 1895(明治28)年
設立 1947(昭和22)年6月1日
資本金 14億9126万円
売上高 2016年5月期 連結  580億円
2015年5月期 連結  587億円
2014年5月期 連結  565億円
2013年5月期 連結  540億円
2012年5月期 連結  514億円
従業員数 599名(2016年5月現在)
平均年齢 42歳
上場 東京証券取引所市場第一部
代表者 代表取締役社長 金子 昌彦
事業所 <本 社>
 群馬県前橋市古市町1-50-12

<部 門>
種苗部、バイオナーサリー部、生産仕入部、外国部、緑飼部、花き園芸部、花き種苗部、農薬部、施設部、システム販売部、造園部、社長室、財務部、総務部、経営企画室、新事業推進室

<研究所>
群馬県 --- くにさだ育種農場、波志江研究所、開発部、花き育種研究室
宮崎県 --- 宮崎育種農場

<支 店>
北海道 --- 札幌
東北 --- 盛岡、仙台、郡山
関東 --- 東京、宇都宮、熊谷、土浦、千葉、川崎 
甲信越 --- 甲府
東海 --- 静岡、名古屋
中国・四国 --- 広島
九州 --- 熊本、福岡、都城

<営業所>
東北 --- 古川、山形
中国・四国 --- 山口
九州 --- 長崎、大分、宮崎、鹿児島

<海外拠点>
フィリピン --- フィリピーナス・カネコシーズ
トルコ --- ユナイテッド・ジェネティクス・ターキー
タイ --- カネコ・シーズ・タイランド
主な販売先 全国および海外の種苗会社、園芸店、ホームセンター、農業協同組合、肥料店、農業資材店、建設会社、各官公庁、公共団体、など
関連会社 株式会社カネコガーデンショップ
沿革 2016年 東京証券取引所市場第一部に指定
2015年 東京証券取引所市場第二部に上場
2012年 福岡支店を開設
2007年 都城支店を開設
       宮崎育種農場を開設
2005年 静岡支店を開設
2002年 花き育種研究室を開設
1997年 川崎支店を開設
1996年 名古屋支店および郡山支店を開設
1991年 広島支店および甲府支店を開設
1990年 カネコ・シーズ・タイランド・コーポレーションを設立
1988年 日本種苗協会の第5代会長に三代目金子才十郎が就任
1987年 タット・シーズ・コーポレーション(現ユナイテッド・ジェネティクス・ターキー)を設立
1985年 波志江研究所(バイテク)、開発部(養液栽培)を開設
1982年 千葉支店を開設
      フィリピーナス・カネコシーズ・コーポレーションを設立
1981年 株式を東京店頭市場に登録
1980年 仙台支店を開設
1977年 熊本支店を開設
1973年 盛岡支店・東京支店を開設
1972年 札幌支店を開設
1965年 土浦支店を開設
1964年 熊谷支店を開設
1957年 育種研究農場を開設
1952年 宇都宮支店を開設
1947年 設立
1895年 創業

連絡先

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 カネコ種苗株式会社    人事グループ 採用担当

 〒371-8503 群馬県前橋市古市町1-50-12
 
 TEL:027-251-1614(直) 
 FAX:027-290-1073
 E-mail: jinji@kanekoseeds.jp
 http://www.kanekoseeds.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 〈アクセス〉 JR両毛線「新前橋」駅下車 徒歩5分
掲載開始:2017/03/01

カネコ種苗株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

カネコ種苗株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)