一般財団法人カケンテストセンター
カケンテストセンター

一般財団法人カケンテストセンター

【アパレル・天然繊維・化学繊維・雑貨等の試験・検査】
  • OpenES
  • 正社員
業種
団体・連合会
繊維/アパレル・服飾・雑貨・皮革製品/化学/建材・エクステリア
本社
東京
残り採用予定数
2名(更新日:2017/07/21)

私たちはこんな事業をしています

日本を代表する国際的検査機関として、主として繊維製品や服飾雑貨、各種資材などの品質試験・検査と証明を行っています。
近年はグローバル化にも注力。アジアを中心に海外拠点を開設し、技術交流や技術協力も積極的に推進しています。
また、試験評価方法の開発や標準化、消費社会に生じる問題の解決などにも広く貢献しています。

当社の魅力はここ!!

仕事内容

消費生活の安心安全を支える試験検査を行っています

現在、海外で製造された製品が大量に市場で販売されていますが、中には品質問題で事故につながったり、消費者からの苦情、製品回収などにより不安が広がる場合があります。一方、今後の国内市場の縮小を見込んで、海外販売を目指す企業が増えてきました。各国の法律や販売店の求める品質に目の前にあるこの製品が合致しているか、私たちは安全性や耐久性、品質表示の妥当性など多くの評価項目について試験検査サービスを提供し、確かな商品が消費者の手元に届くお手伝いをしています。その結果、業界全体の発展と消費生活の向上へ貢献しています。

戦略・ビジョン

日本の発展とともに、グローバルな検査機関へ進化します

生産地とマーケットのグローバル化に伴い、海外の試験機関と提携を行うなど積極的な海外展開を行っています。アジアや中国を中心に、海外の12拠点に検査所や試験室を設置。現在、日本では多くの繊維製品が海外から輸入されていますが、その多くが私たちの試験や検査を通じて品質を保証されています。2012年には成長著しいインドネシアのジャカルタに試験室を開設しました。現在、40名以上の職員が海外で活躍中。海外の規格(ISO、ASTM、AATCC、GB規格など)に対応した試験機器を設置し、世界レベルでの品質試験や調査を実施しています。日本の企業の発展に貢献しながら、海外で活躍するチャンスがここにあります。

事業優位性

日本を代表する大手繊維メーカー、アパレル、商社等が取引先です

一般財団法人カケンテストセンターの前身である財団法人日本化学繊維検査協会は、昭和23年に当時の商工省(現経済産業省)の許可を受け公的検査機関として設立されました。設立当初の化合繊繊維原料に対する法定検査の役割は終えましたが、官公庁などから指定検査機関に認定されたことを背景に、新たに取り組んだ試験事業で拡大成長を遂げてきました。設立後69年間に培った技術力と業界における信頼性により、現在は日本を代表する大手繊維メーカー、アパレル、商社、小売業が主要取引先となっています。また、性能評価方法を独自に開発し、多くの特許を有するほか、JISやISO規格にも採用されています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

試験室でのアパレルを中心とした繊維製品の各種試験・検査(化学分析、微生物試験などを含む)が主要な業務です。服飾雑貨、生活雑貨、玩具など日用生活用品、産業用資材などの試験・検査も行っています。適性に応じて、技術営業部門の顧客サービス業務、研究部門の調査・開発業務などの仕事もしていただきます。

会社データ

事業内容 ● 家庭用品品質表示法に基づく検査
● 有害物質を含有する家庭用品の規制法に基づく検査
● 繊維のメーカー、加工業者等の依頼による検査
● 官公庁および百貨店・量販店・通信販売会社の納入品検査
● 商社等の輸出入商品の検査、検品
● 一般商取引における品質試験、品質保証
● クレーム商品等の試験、鑑定
● 新製品の特性試験および品質評価
● 生産、流通関係の品質管理の代行
● 品質保証ラベルの発給等による品質推奨業務
● その他、品質に関する研究調査、技術相談、技術指導およびセミナーの開催
● 諸外国の制度、基準等の調査
● 諸外国の指定基準に基づく輸出入検査および品質標準化等の技術協力
設立 昭和23年12月15日
基本金 10億円
従業員数 約1,400名(財団及び子会社)
売上高 94億1800万円(2016年3月実績)
代表者 理事長  長尾 梅太郎
事業所 【本部】
東京都中央区日本橋室町4丁目1番22号 日本橋室町四丁目ビル5階

【事業所】
原宿、目黒、堀留、川口、名古屋、一宮、岐阜、福井、京都、大阪、大阪堀江、大阪本町、神戸、福山

【海外支所】
香港検査所(KAKEN HONG KONG)

[子会社]
上海科懇検験服務有限公司(SHANGHAI KAKON)
同 青島分公司(KAKEN QINGDAO)
同 大連分公司(KAKEN DALIAN)
同 寧波分公司(KAKEN NINGBO)
同 無錫分公司(KAKEN WUXI)
同 南通分公司(KAKEN NANTONG)
PT.KAKEN INDONESIA

【提携機関】
一般財団法人日本文化用品安全試験所(MGSL)
韓国 KOTITI試験研究院
Bureau Veritas Consumer Products Services(BVCPS)
(BVCPS U.S.A.、TAIWAN、VIETNAM)
OMIC Consumer Products Inspection & Testing Co.,Ltd.(OMIC COPIT THAILAND)
取引先(官公庁等) 経済産業省、防衛省、法務省、財務省、厚生労働省、国土交通省、総務省、警察庁、各県警、消防庁、海上保安庁、林野庁、東京都庁、神奈川県庁、横浜市その他地方公共団体、JR各社、NTT各社、日本たばこ産業株式会社、各電力会社、JA など
取引先(団体等) ・ オーストラリアン・ウール・イノベーション(AWI)(旧ザ・ウールマーク・カンパニー)
・ (一社)繊維評価技術協議会(SEKマーク等)
・ (一財)製品安全協会(キャンプ用テントSG マーク検査)
・ (一社)抗菌製品技術協議会(SIAAマーク)
・ (一社)日本インテリアファブリックス協会
・ 日本化学繊維協会(事故原因究明委託検査機関)
・ (公財)日本環境協会エコマーク事務局
・ 国際羽毛協会
・ (公財)日本防炎協会
・ カシミヤ・キャメル製造業者協会
・ (公社)日本ホッケー協会 
・ (公財)日本サッカー協会
・ インテリアファブリックス性能評価協議会(旧防ダニ加工製品協議会)
・ (一社)遠赤外線協会
・ (一社)日本膜構造協会
・ 日本羽毛製品協同組合 など
提携等を行っている団体 日本化学繊維協会
日本繊維輸入組合
(一財)化学物質評価研究機構
カシミヤ・キャメル製造業者協会(CCMI)
日本繊維製品・クリーニング協議会
沿革 ●昭和
23年12月 創立、商工大臣(現経済産業大臣)の許可を受ける
26年4月 大阪中央検査所竣工開設
28年6月 輸出品取締法に基づく通商産業省(現経済産業省)の「登録検査機関」となる
33年2月 輸出検査法に基づく通商産業省(現経済産業省)の「指定検査機関」となる
36年10月 防衛庁から「60式落下傘材料の理化学試験研究」を委託される
…以後各種テーマの研究を委託される
44年10月 通商産業省(現経済産業省)から「繊維製品品質表示技術基準調査(取扱い基準表示)」を委託される
…以後各種テーマの調査等を委託される
46年1月 大型量販店等の受託試験業務開始
49年11月 ドレスシャツの品質保証マーク制度発足
…以後各種の品質保証業務を実施
63年8・11月 韓国、香港に進出
…以後上海、台湾、インドネシアに進出

●平成
3年8月 東京事業所(川口市)竣工開設
4年10月 靴・バック等の雑貨類の品質検査業務を本格的に実施
10年3月 ISO9002の認証を受ける(東京事業所及び大阪事業所)
(現在、ISO9001に移行済み)
10年10月 大阪事業所竣工
10年12月 JNLAの審査を受けて工業標準化法に基づく試験事業者として通商産業大臣(現経済産業大臣)の認定を受ける
(東京事業所)…以後各事業所も同試験事業者となる
12年3月 原宿ラボ開設
13年10月 青島試験室開設
14年11月 大連試験室開設
15年8月 寧波試験室開設
16年8月 無錫試験室開設
17年3月 東京事業所別館(川口市)竣工開設、リビング・キッチン用品試験本格開始
17年8月 KOTITI VIETNAM LTDと業務提携
18年1月 京都検査所移転・拡充
18年3月 香港検査所移転・拡充
18年7月 東京事業所 原宿ラボ移転
19年5月 東京事業所 堀留ラボ開設
上海がCNAS(ISO/IEC 17025に基づく試験所認定)の認可を受ける
19年12月 大阪事業所新館竣工開設
20年3月 大阪事業所 神戸ラボ移転・拡充
20年5月 上海が中国計量認証CMAを取得
20年12月 BVCPS VIETNAMと業務提携
21年1月 青島試験室拡充
21年3月 東京事業所 堀留ラボ拡充
東海事業所 名古屋ラボラトリー移転・拡充
22年2月 東京事業所 目黒ラボ開設
23年3月 東海事業所 一宮ラボ・岐阜ラボ移転・拡充
23年4月 一般財団法人カケンテストセンターとして業務開始
23年12月 上海科懇検験服務有限公司を子会社化
24年4月 株式会社カケンの株式(30%)を取得
24年4月 インドネシア・ジャカルタにPT.KAKEN.INDONESIAを(株)カケンと共同出資で設立
25年2月 中国における青島、大連、寧波、無錫の4試験室を上海科懇に編入し子会社化
25年12月 大阪事業所 堀江ラボ開設
26年8月 中国で上海科懇 南通分公司開設
28年7月 北陸検査所(福井市) 移転・拡充
28年11月 本部を移転(東京都中央区)
28年12月 上海科懇南通分公司が試験鑑定営業資格を取得しラボ業務を開始
先輩の出身校・学部 【大学院】
信州大学大学院、群馬大学大学院、山形大学大学院、京都府立大学大学院、近畿大学大学院、静岡県立大学大学院、静岡大学大学院、東京工業大学大学院、東京農工大学大学院、日本大学大学院、福井大学大学院、法政大学大学院、北海道大学大学院、芝浦工業大学大学院ほか

【大学】
京都工芸繊維大学、信州大学、群馬大学、山形大学、神奈川工科大学、大阪市立大学、中央大学、東海大学、東京農工大学、日本大学、法政大学、明治大学、立命館大学、同志社大学、関西大学、千葉大学、早稲田大学、青山学院大学、筑波大学ほか

【学部】
繊維学部、工学部、工芸学研究科、生産工学研究科、生産工学部、生命科学部、農学研究科、理工学研究科、理工学部、商学部、経済学部、法学部、国際教養学部、国際経営学部ほか

連絡先

〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-1-22 日本橋室町四丁目ビル
一般財団法人カケンテストセンター
総務部 総務人事課 TEL03-3241-7322(担当:新井)
http://www.kaken.or.jp/
掲載開始:2017/03/01

一般財団法人カケンテストセンターに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

一般財団法人カケンテストセンターに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)