株式会社上原園
ウエハラエン
  • OpenES
  • 正社員
業種
食品
商社(食料品)
本社
栃木

先輩社員にインタビュー

都賀インター工場 工場長
高久 昌浩(34歳)
【出身】栃木県農業大学校  農業科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 工場長として工場全体の管理を任されています。
「もやし」の育成から出荷までを行っている都賀インター工場で、工場長を務めています。
都賀インター工場の生産ラインは、原料からもやしの栽培・育成までを行う「育成部門」と、その育成されたもやしを洗浄・計量包装し、出荷する「もやし製品部門」と原料野菜を仕入れ、カット、洗浄、パッケージする「カット野菜部門」の3部門あり、工場全体の管理業務を担っています。また、工場内の各ライン状況を確認しながら必要な指示を出したり、メーカーや業者との打合せ等も行いながら、お客様に対して安全で品質の良い商品を提供できる環境を整備しています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
年功序列ではなく、若手社員にも出世するチャンスが大いにある会社です!
上原園は20代、30代の若手社員が多く、とても活気に満ち溢れた会社です。年齢や社歴に関係なく、実力に応じて責任のあるポストもどんどん任せてくれるので、とてもやりがいがあります。私も20代で主任のポストを任せられ、その後、係長→課長と順調に昇進し、30代前半で「工場長代理」に。自ら主体的に仕事に取り組める方であれば、力を発揮するチャンスはいくらでもある会社ですね。
一方、もやしは気候や季節の影響を受けずに生産できる野菜ため、天候不順で他の野菜の価格が高騰しているときにも、低価格で安定的に供給することが可能。世の中の購買意欲が落ち込んでいるときにも、その安価さから逆に需要が伸びるほどで、不況時の強さを実感しています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 「食」という不況に左右されない、安定した事業内容が決め手に―。
人が生活していく上で、「食」は必ず必要になります。そのため、景気の影響も受けづらく、長いスパンで安定した仕事ができると思い、食品関連企業に絞って就職活動を進めていました。
「食」と言ってもさまざまな会社がありますが、その中でも特に上原園の場合、メインとなる商材が、「もやし」という気候や世の中の流行にも左右されない食品だったので、将来的に見ても安定した成長が期待できました。地元企業への就職を希望していたので、自宅からも近く遠くへの転勤がないという点でも、私が求めていた条件にピッタリ合う会社でした。また、ちょうど高校時代の友人が上原園に勤めていて、会社の安定した経営状況も聞いていたので、内定をいただけたときには迷うことなく、入社を決めることができました。
 
これまでのキャリア 1999年入社(新卒)/都賀工場 生産課配属 → 2003年 主任昇進
→ 2004年 係長昇進 → 2007年 課長昇進 → 2011年 工場長代理を兼務
→2013年工場長

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

やりたいことばかりを優先するのではなく、会社の経営状況や将来性、不況でも需要がある仕事か…など、さまざまな側面からしっかりと企業研究を行い、長く勤め続けられる会社を選んでください。
最初の1社で“辞め癖”をつけてしまうと、仕事でのキャリア形成が難しくなるだけでなく、勤続年数に応じて支給される退職金などにも大きな違いが出てきます。
今だけでなく、将来もしっかりと見据えることが、就職活動では大切ですよ!

株式会社上原園の先輩社員

各工場における徹底した品質管理体制の構築を推進しています。

製品管理部 品質管理課 主任
野沢 裕美

掲載開始:2017/03/01

この企業に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

この企業に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になる気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 プレエントリー
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)