株式会社ラック

【JASDAQ上場 情報セキュリティ・システムインテグレーション】
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • 株式公開
業種 ソフトウェアインターネット関連/専門コンサルタント/情報処理/通信
本社 東京
雇用形態 正社員

私たちはこんな事業をしています

社会を支えるIT システムとそのセキュリティを担うことで、安心・安全な
高度情報ネットワーク社会の実現やその発展に貢献します!!

【主な事業領域】
○セキュリティソリューションサービス
  ⇒コンサルティングや運用監視などの最先端の情報セキュリティサービス
○システムインテグレーションサービス
  ⇒システム開発・システムソリューションサービス
○情報システム関連商品の販売およびサービス

当社の魅力はここ!!

事業優位性 時代を先取りし業界に先駆けたネットワーク監視センターJSOC!

大手企業の後追いをせず独自の視点でIT社会を支える当社は2002年、24時間365日のネットワーク監視体制のJSOC(ジャパン セキュリティ オペレーション センター)を開設。日々発生するセキュリティの脅威からお客様のネットワークを守り続けています。情報セキュリティ分野においては業界をリードする立場であり、政府機関に招かれ、国家レベルでのセキュリティ対策に提言を行うという一面も持っています。内部統制や個人情報保護法施行など、企業における情報リスクマネジメントに対する取り組みが強化されている昨今、情報セキュリティ分野における一貫したサービスを取り揃え、お客様のITの高度な活用を支援します。

企業理念 進化することで成長し、社会にとってなくてはならない存在へ

2012年4月1日セキュリティソリューションサービス事業の株式会社ラック、システムインテグレーションサービス事業のエー・アンド・アイ・システム株式会社、ディーラー事業の株式会社アイティークルーと経営統合をし、新生「株式会社ラック」として生まれ変わりました。経営統合で事業の高度化と経営基盤の強化を図り、情報セキュリティ産業の先駆者としての地位を高め、ワンストップ・ソリューションを可能にすることでお客様の利便性と社会インフラを支え続けます。

戦略・ビジョン トップレベルの情報セキュリティ技術で高度情報社会を支える企業

1995年、インターネットによる高度情報社会の到来を確信し、国内企業の先駆けとして情報セキュリティサービスの提供を開始しました。インターネットは人々の生活や企業活動を支える「社会インフラ」へと発展しました。情報漏洩、コンピュータウイルスやサイバー攻撃などの脅威も後を絶ちません。高度情報社会では世界、国、企業・団体、個人などのレベル毎にセキュリティを考慮しなければなりません。世界標準や国策に考慮しつつ、組織活動を情報セキュリティ面で支援し、お客様の発展と成長に寄与します。日本が世界から得ている高治安国家としての信頼をこれからもリードできるように、時代にあった情報セキュリティサービスを提供いたします。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

◆情報セキュリティの分野では
 国内屈指の技術力・ノウハウを駆使し、顧客企業のリスク管理を支援します。

◆システムインテグレーション、システム基盤構築の分野では
 お客様の要望に応じた最適なシステムを構築するため、ハード/ソフトの販売から、コンサルティング・設計・開発・導入等に関わる仕事をプロジェクトで遂行します。

会社データ

【熊本地震の影響による説明会・選考について】 この度の「平成28年熊本地震」により被災された皆さまに心からお見舞い申し上げま
す。
地震の影響により2017年度入社の新卒採用に関しまして、就職活動を行うことが困難
な学生の皆さまにつきましては個別のご相談に応じさせていただきますので、
お気兼ねなく【株式会社ラック 採用担当】までご連絡ください。
被災地の一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。
事業内容 ジャスダック上場企業として、ITビジネスシーンで重要な役割を果たし、広く社会に貢献しています。

強みである情報セキュリティ技術と、システム開発技術・システム基盤構築技術を融合し、企業におけるIT戦略強化、内部統制強化、セキュリティ対策強化などの要望に対し、ワンストップでITサービスを提供します。


○セキュリティソリューションサービス事業

[セキュリティコンサルティングサービス]
企業における技術的・組織的セキュリティ全般にわたり、確かな経験と実績を持つコンサルタントが対策の立案・実施を支援します。

具体的には、情報セキュリティマネジメントを実現するためのポリシーやガイドライン策定、セキュリティ監査や対応策策定を行います。また、セキュリティやプライバシーに係る認証取得支援(プライバシーマーク・ISMS等)等、企業のリスク管理強化を支援します。

[セキュリティ構築サービス]
セキュリティレベルの高いシステムのインフラを構築します。外部からの侵入や攻撃、情報漏えいや改ざんなどを防御、検知するシステムを構築し、リスクを解消するセキュアなシステムの構築を支援します。

[セキュリティ監視サービス]
日本最大級のセキュリティ監視センター「JSOC」を拠点として、国内屈指の実績を持つセキュリティ診断(企業ネットワークの脆弱性検査)をはじめ、外部からの攻撃に対して24時間365日のリアルタイム監視を行います。不正な現象を検知した場合にはお客様に対しての情報提供と実対処を行い、セキュリティ運用をサポートします。

○システムインテグレーションサービス事業

豊富なシステム構築実績を基に、コンサルティングから設計・開発・運用保守まで一貫したソリューションサービスを行います。

特に得意とする対象としては
 ・高度に安定稼動が要求される大規模金融系システム開発(銀行・保険・証券・官公庁ほか)
 ・成長著しい人材サービス業界のシステム構築
の分野であり、豊富な実績とノウハウを保有しています。

企業の基幹システムに加え、みなさんにも身近なネットバンキングシステム・ショッピングサイト・アルバイト情報サイト等のWebシステムや携帯サイトの構築も数多く手がけています。

○情報システム関連商品の販売およびサービス

[ハードウェア/ソフトウェア販売]
システム基盤となるサーバーやミドルウェア等の販売を行います。

[SEサービス]
システム基盤の設計・構築・保守をおこないます。
特に大手金融機関の情報システムにおけるUNIX基盤構築技術の分野では特に高い専門性を誇ります。
ここが強みです! 業界屈指のセキュリティ技術を誇り、そのブランド力には確かなものがあります。
「情報セキュリティ×アプリケーション開発×システム基盤構築」。この3つの技術力を融合させたシナジー効果により、当社グループだからこそできる、高い付加価値を持ったオンリーワンのソリューションを目指しています。

また、充実した研修制度により優秀なITプロフェッショナルを育成している会社です。
熱意のある若手には責任のある仕事をどんどん任せていく社風なので、難易度の高いプロジェクトや当社だからこそ経験できる大きなビジネスに携わるチャンスも多く、自身の成長と確かな技術力を実感できる環境になっています。
設立 2007年10月

※株式会社ラックとエー・アンド・アイ システム株式会社は経営統合し、両社の共同持株会社としてラックホールディングス株式会社を設立いたしました。ラックとエー・アンド・アイ システムは、共にIT業界で20年以上の歴史と実績を誇る企業です。また、2012年4月、ラックホールディングス株式会社は、株式会社ラック、エー・アンド・アイ システム株式会社、株式会社アイティークルーを吸収合併し、商号を株式会社ラックに変更いたしました。
資本金 10億円
従業員数 1,691名(連結)(2016年4月1日現在)
売上高 2016年3月期連結売上高 368億円
経常利益 2016年3月期連結経常利益 23億6000万円
上場 ジャスダック(証券コード:3857)
代表者 代表取締役社長 高梨 輝彦
事業所 本社(東京都千代田区「平河町森タワー」)
 ・地下鉄有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町駅」より徒歩約1分(4番出口)
 ・地下鉄銀座線・丸ノ内線「赤坂見附駅」より徒歩約6分(7番出口)
仕事内容はこんな感じです。 企業がIT戦略を進める中、ビジネスの基盤である情報システムやネットワークを安全かつ健全に運用する為のソリューションを提供します。また、生活やビジネスに欠かすことのできないITシステムを自らの手で作り出します。いずれも広く社会に貢献できる、やりがいの大きい仕事です。

具体的には、それぞれのお客様が今どんな問題を抱えているのかを探るところから始まり、解決策を見つけ、理想的なかたちをシステムに反映させることが基本的な仕事のプロセスになります。
問題の本質をつかみ、お客様のニーズを的確に把握する能力やコミュニケーション能力が重要ですので、そういった点では特に文系・理系を意識する必要のない仕事内容だと言えます。

【当社の主な事業領域】
◆セキュリティソリューションサービス事業
 IT技術と情報セキュリティに関するノウハウを駆使して、お客様の企業におけるリスク管理を支援します。

この事業領域では、
 ・セキュリティコンサルタント
 ・セキュリティアナリスト
 ・セキュリティエンジニア
という職種で活躍していただくことができます。

◆システムインテグレーションサービス事業/情報システム関連商品の販売およびサービス
 お客様の要望に応じた最適なシステムを構築するため、ハード・ソフトの販売からコンサルティング・設計・開発・導入・運用・保守に至る幅広いサービスをワンストップで提供しています。情報システム構築の全工程における仕事をプロジェクトチームで協力しながら行います。

この事業領域では、
 ・プロジェクトマネージャー
 ・ITスペシャリスト
 ・アプリケーションスペシャリスト
という職種で活躍していただくことができます。

営業職を希望される方はそれぞれの事業領域において活躍できます。
セキュリティ技術の集大成「JSOC<ジェイソック>」とは LACは1995年から日本国内でいち早くネットワークセキュリティ分野に着目し、2002年に国内最大級のセキュリティ監視センター「JSOC」(Japan Security Operation Center<ジェイソック>)を開設。
JSOCは、ネットワーク・セキュリティのプロフェッショナルである多くのセキュリティアナリストを擁し、24時間365日の体制で、サイバー攻撃といったセキュリティの外部脅威からお客様のネットワークを守っています。
この業界最先端のサービスは、官公庁や大手企業を中心に600社を超えるお客様に採用され、国内屈指の実績を誇ります。
当社の成長戦略 2012年4月 ラックホールディングス株式会社、株式会社ラック、エー・アンド・アイ システム株式会社、株式会社アイティークルーは統合し、「株式会社ラック」となりました。グループのさらなる成長を目指し、事業分野の拡充、グローバル展開を加速させています。
沿革(経営統合までの歩みと現在) ※以下、社名を次のとおりに省略
  A&I: エー・アンド・アイ システム株式会社
  LAC: 株式会社ラック
  ITC: 株式会社アイティークルー
  LACHD: ラックホールディングス株式会社

2012年4月
 LACHD:LAC、A&I、ITCを吸収合併し、商号を株式会社ラックに変更 

2010年5月
 LACHDおよびグループ内各社を平河町森タワーに集約移転

2009年12月
 LAC:中国に「上海楽客網絡技術有限公司」(上海ラック)を設立

2009年4月
 LAC:株式会社ITプロフェッショナル・グループを子会社化

2008年8月
 ITC:ディーラー事業を開始

2008年7月
 LACHD:株式会社アイティークルーを設立
 LAC:韓国支社を子会社化し、株式会社サイバーセキュリティラックを設立

2008年4月1日
 LACHDグループ会社の事業再編を実施
  ○LACをセキュリティソリューションサービス事業(SSS)に専門特化
  ○A&Iにシステムインテグレーションサービス事業(SIS)を集約
  ○A&Iの子会社である株式会社保険システム研究所をLACHDの完全子会社化

2007年10月1日
 LACとA&Iが経営統合
 両社の共同持株会社としてラックホールディングス株式会社を設立(証券コード:3857)

2005年
 A&I:CMMIレベル3達成
 LACとA&Iが情報セキュリティ・サービス事業で業務提携および資本提携

2003年
 A&I:「情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)」の認証を取得

2002年
 LAC:監視センターのシステムと設備を一新してセキュリティ管理機能を拡充した
   「ジャパン セキュリティ オペレーション センター(JSOC)」を新たに開設
 LAC:ジャスダック市場に株式を上場
 JSOCにおいて「情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)」の認証を取得

2001年
 LAC:セキュリティテクノロジーの研究開発のため、コンピュータセキュリティ研究所 を開設
 A&Iインターネットデータセンター開設

2000年
 LAC:不正アクセス監視・対応事業強化、拡充のため、「監視センター」を設置
 LAC:「九州・沖縄サミット」の不正アクセス監視・対応を支援
 A&I:大阪証券取引所ナスダック・ジャパン市場へ上場

1997年
 A&I:通産省「システムインテグレータ」取得

1995年
 LAC:ネットワークセキュリティ事業を開始

1987年
 A&I:東京都港区北青山に株式会社エービーシ(現 富士ソフト株式会社)と
   日本アイ・ビー ・エム株式会社の共同出資により設立

1986年
 LAC:東京都港区新橋にコンピュータシステム開発サービスの提供を目的に設立

連絡先

〒102-0093
東京都千代田区平河町2丁目16番1号 平河町森タワー
株式会社ラック  採用担当

TEL:0120-47-1155(採用直通フリーダイヤル)
e-mail: recruit@lac.co.jp
URL: http://www.lac.co.jp/
掲載開始:2016/03/01
「じぶん研究」を使うことで、自分の興味の傾向を知ることができます。「じぶん研究」した企業は「じぶん研究リスト」からいつでも確認できます。(「じぶん研究」はログイン後にご利用いただけます) じぶん研究に使う