株式会社東京一番フーズ

【東証一部上場】/国内外への自社養殖魚販売、飲食店経営など
  • 株式公開
業種 食品商社(食料品)/水産/レストラン・フード
本社 東京
雇用形態 正社員

    私たちはこんな事業をしています

    新宿でふぐ料理専門店からスタートした弊社は、現在50店舗を展開する他、
    養殖から加工、流通までに取り組み、水産で六次産業のビジネスモデルを構築。
    2015年には東証一部上場を果たしました。

    しかし、弊社の挑戦はこれで終わりではありません。
    世界的に魚食が拡大する中、弊社は水産商社として世界進出を本格始動させます!

    無限の可能性を秘める世界市場を舞台に、果敢にチャレンジするあなたを歓迎します。

    当社の魅力はここ!!

    戦略・ビジョン 常識を覆してきた総合水産ベンチャー。新たな挑戦の舞台は世界!

    2015年5月に東証一部上場を果たした東京一番フーズが、次に挑むのは世界です。政府系ファンドや大手企業とともに出資している株式会社「食縁」によるブリの輸出を手始めに、本格的な海外進出に乗り出します。「大阪文化であるふぐ料理は、東京でヒットしない」という先入観がまかり通っていた1996年、私たちは新宿に1号店を開店。その後、順調に出店を続け、現在は5業態50店舗を展開するまでに成長。さらに、養殖から加工、流通・販売までを一貫して手がける「垂直統合型」のビジネスモデルを実現しました。日本で唯一無二、水産における六次産業化に成功した当社。【日本の常識を変え、世界に挑む】ために、今、新たな一歩を踏み出します。

    事業優位性 六次産業化を実現したからこそできる、戦い方があります。

    四方を海に囲まれた日本は水産資源に恵まれている上、養殖技術も世界トップクラスを誇ります。しかし、これまでは国内市場だけを見てきたため、日本の水産業界は世界的な魚食拡大のチャンスをつかみきれていないのが現状です。そこで、六次産業化を実現した当社は、養殖事業に組織的なマネジメントや独自の技術を導入。今後の海外展開でさらに成長・発展できると確信しています。日本の水産物の高い品質や安全性があれば「メイドインジャパン」ブランドを確立できる。そんな十分な勝算を持って、世界に挑んでいきます。

    社風・風土 幹部を目指すも、経営者として独立するも、自分で選択できます。

    将来は幹部として活躍するだけでなく、経営者として独立・起業することも可能です。東京一番フーズの人材育成方針のひとつに「経営者輩出」があります。実力や成長意欲に応えて、事業の立ち上げや大きなプロジェクトを任せることに加え、独立支援制度として経営者養成塾「坂本塾」を用意。社歴・年齢・性別に関係なく、成長・活躍できる社風です。実際に、新卒入社2年目から店舗責任者を任されている女性社員もいます。「何をやるかより誰とやるか」を重視する素敵な仲間とともに「なりたい自分を実現する舞台」があることも当社の魅力のひとつ。就職がゴールではありません。ともに学び、さらなる成長を目指す人を歓迎します。

    みなさんにはこんな仕事をしていただきます

    国内・海外営業・販路開拓、商品開発、事業企画、研究開発、
    店舗運営、本社管理業務。

    ◆国産養殖取扱高シェアNo.1のとらふぐ、海外でも人気の高いクロマグロ、
    日本でしか養殖できないブリなどを輸出。
    弊社代表がEO(Entrepreneurs' Organization)ジャパンの会長職時代に築いた
    海外経営者との絆と弊社の水産(海面養殖)技術を武器に
    各国で事業基盤を固め、フードショーなどにも出展し海外展開を加速しています。

    会社データ

    【熊本地震の影響による説明会・選考について】 この度の平成28年熊本地震により被災された皆さまと、そのご家族の方々、
    並びに関係者の方々に心よりお見舞い申し上げます。

    弊社では、この災害を受けての新たな措置といたしまして、
    従来、東京を中心に会社説明会や選考会を行ってまいりましたが、
    5月より新たに福岡の拠点を追加し、東京・大阪と併せて3拠点から
    選考プロセスをお選びいただけるように致しました。

    ぜひご検討いただけますよう、宜しくお願いいたします。


    ■上記についての問い合わせ先・問い合わせ方法
     株式会社東京一番フーズ 採用窓口
     TEL:03-5363-2132(代表)
     MAIL:saiyo@tokyo-ichiban-foods.co.jp
    事業内容 ◎『トラフグ』『クロマグロ』『ヒラマサ』『ブリ』の養殖
    ◎主に大手外食チェーン店を対象とした水産加工食品の卸・小売り
    ◎養殖魚・水産加工食品の海外輸出
    ◎首都圏での『泳ぎとらふぐ料理専門店 とらふぐ亭』
      美味しい寿司と活魚料理『魚の飯』など48店舗の飲食店運営
    ◎外食店への経営コンサルティング

    【安全・安心への要求に応えるため養殖・加工・流通・販売を一気通貫!】
    養殖(一次産業)、加工(二次産業)、流通・販売(三次産業)を総合して、
    食品のトレーサビリティーを担保し“安心・安全”をご提供する――。
    弊社が取り組んできた事業スタイルは「6次産業モデル」の成功例として注目されています。
    ふぐ食という安全・安心と切り離せない分野で信頼と実績を積み重ねるためには、
    安全な魚の養殖と流通へ乗り出すことがごく自然な流れではありますが、
    企業としての立ち位置を「メーカー・商社>外食」へと変化させることに繋がりました。

    【養殖事業・国内外販事業・海外事業の三本柱で実現する6次産業×グローバル】
    弊社は2011年から長崎県でクロマグロ・とらふぐ・ヒラマサの養殖事業を展開。
    さらに現在は、近畿大学との産学連携で「近大ブリ」の養殖にも取り組んでいます。
    世界でもトップクラスを誇る日本の養殖技術ですが、これまで国内市場だけを見てきたために、
    世界的な魚食の拡大に対応できていないのが現状です。
    そこで弊社は養殖から加工、流通・販売までを一貫して行う6次産業のビジネス展開を強みに、
    “日本ブランド”のあらゆる魚種を輸出、日本の「魚食文化」を世界に広めたいと考えています。
    設立 1998年10月
    資本金 4億7,700万円(連結/2015年9月実績)
    従業員数 213名(正社員)
    売上高 38億1,600万円(連結/2015年9月実績)
    35億3,000万円(連結/2014年9月実績)
    33億7,000万円(連結/2013年9月実績)
    32億4,300万円(連結/2012年9月実績)
    代表者 代表取締役社長 坂本大地
    事業所 『本社』
    東京都新宿区新宿5-6-1 新宿やわらぎビル4階

    『泳ぎとらふぐ料理専門店 とらふぐ亭』

    ■東京都23区
    新宿本店・新宿別館・渋谷店・銀座店・赤坂店・田町店・下北沢店・
    自由が丘店・目黒店・神田西口店・上野広小路店・上野駅前店・
    浅草店・北千住店・門前仲町店・亀戸店・西日暮里店・南千住店・
    池袋東口店・駒込店・小岩店・錦糸町店・両国店・蒲田店・赤羽店

    ■東京都23区外
    町田店・吉祥寺店・八王子店・国立店・立川店・調布店

    ■神奈川県
    関内店・伊勢佐木町店・川崎駅前店・武蔵小杉店・相模原店

    ■埼玉県
    蕨店・川口店・大宮店・所沢店・草加店

    ■千葉県
    本八幡店・松戸店

    『ふぐよし』
    池袋店

    『ふぐ料理専門店 ふぐよし総本店』
    桜木町店・綱島店・亀戸店(5/9~)

    『魚の飯(さかなのまんま)』
    調布店・新橋店

    『魚王KUNI』
    下北沢店・吉祥寺店・川崎店
    関連会社 株式会社長崎ファーム(100%出資)

    連絡先

    〒160-0022
    東京都新宿区新宿5-6-1 新宿やわらぎビル4F
    採用担当宛


    ■東京一番フーズ・ホームページ
    http://www.tokyo-ichiban-foods.co.jp/

    ■問い合わせ先メールアドレス
    E-mail:saiyo@tokyo-ichiban-foods.co.jp

    <交通機関>
    東京メトロ丸ノ内線・都営新宿線「新宿三丁目駅」C7出口より徒歩5分
    東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前駅」より徒歩6分
    JR他各線「新宿駅」東口より徒歩15分
    掲載開始:2016/03/01
    「じぶん研究」を使うことで、自分の興味の傾向を知ることができます。「じぶん研究」した企業は「じぶん研究リスト」からいつでも確認できます。(「じぶん研究」はログイン後にご利用いただけます) じぶん研究に使う