鹿児島パールライス株式会社

JA鹿児島県経済連グループ
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
業種 商社(食料品)
本社 鹿児島
雇用形態 正社員

私たちはこんな事業をしています

私たち日本人の食生活の基本ともいえる、米。
地元・鹿児島で育まれた県内産米をはじめ日本全国優良産地の良質米を
最新の大型システムで精米し、各家庭の食卓に届けているのが当社・鹿児島パールライス。
JAグループの一員としてお客様の信頼や安心感に応える製品を提案し続けたいと思います。

当社の魅力はここ!!

魅力的な人材 日本の農業を一緒に考えていける方へ

当社は「かごしまで育つ、かごしまで生きる」をキャッチコピーに、鹿児島の農業と食を守るために安心・安全なお米を届けています。TPPにより社会の注目を集めている米産業。信頼され安心して食べてもらえる国産米をみなさんの食卓に届ける為に、今後はさらなる販路網の開拓や時代ニーズに合わせた新たな商品開発などが必要になってきます。今回私たちが募集したいのは当社の将来を担う存在となる幹部候補生。入社年次に関わらず、積極的に意見交換を重ねていきたいと思っています。これからの鹿児島の、そして日本の「食」の未来について共に考えていけるような人材を、私たちは求めています。

戦略・ビジョン 地域や時代のニーズに合わせた商品開発を

米は健康食品として注目される一方で、日本人の米離れも話題になっています。『もっと米の良さを知ってほしい』。そんな想いを持つ社員の中から新たな米の商品開発プロジェクトが発足。鹿児島県農業開発センターの協力を得て開発を始めました。健康に良いという視点はもちろんのこと、鹿児島県の気候に合う、暑さに強く台風にも倒れにくい品種を作りたい。試行錯誤の上で生まれたのが鹿児島県オリジナル品種「さつま黒もち・さつま赤もち」。女性を始め、多くの「健康志向」の消費者に支持をいただいています。また次のプロジェクトも現在進んでいます。鹿児島の地だからこそ出来る、そして時代のニーズに合った商品を提供し続けます。

社風・風土 1人でも多くの人に農業の楽しさを知ってもらうために

私たちが普段口にする米ができるまでに、農家の方がたくさんの時間を費やしていること。未来を担う子供たちに食の「つくり手」と「つくる事」を理解してもらうために、食農育の活動の場を設けています。収穫体験や自然とのかかわりを通じて、食に対する想いを継承していくこの取組は、小学生から大人まで年間約1000人に参加していただいています。また、農業を始めようと考えている方に対してのセミナーや見学会も実施し、未来に農業に携わる人が増えるようなとりくみを推進。農業に携わる楽しさや大切さを身を持って知ってほしいという想いから、CSR活動にも力を入れています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

◆総合職
まずは農家の方とかかわる精米部門にて、入荷から出荷までの一連の流れを学んでいただきます。
最新の自動制御システムを導入した製造工程にて品質管理の設備を知り、
その後営業・品質管理・事務など、適性に合わせて各部署に配属となります。

会社データ

事業内容 ◆米穀卸販売
当社は消費者の食文化のニーズに応えるため、県内産米をはじめ日本全国優良産地の良質米を
最新の大型搗精(とうせい)システムで精米し、安心できる品質確かなお米を食卓に届けています。
さらに品質管理の強化をはかるため、JAお米センターとしての機能も備え、
おいしいお米の追求につとめています。
設立 昭和45年9月
資本金 4,500万円
従業員数 39名
売上高 58億4,000万円(平成26年3月)
代表者 代表取締役社長 北郷 栄
事業所 本社/鹿児島市南栄
株主 JA鹿児島県経済連、Aコープ鹿児島 他

連絡先

≪鹿児島パールライス株式会社≫
〒891-0122 鹿児島市南栄3丁目17番地1
TEL:099-268-1234
担当者:総務課/岸尾
会社HP:http://www.kapr.co.jp
掲載開始:2016/03/01
「じぶん研究」を使うことで、自分の興味の傾向を知ることができます。「じぶん研究」した企業は「じぶん研究リスト」からいつでも確認できます。(「じぶん研究」はログイン後にご利用いただけます) じぶん研究に使う