株式会社大和農園

大和農園グループ/種苗/農業/通信販売/園芸/
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
業種 農林商社(食料品)/食品/出版/広告
本社 奈良
雇用形態 正社員

私たちはこんな事業をしています

当グループは個性ある優良野菜種子の開発、生産および販売を行っている種苗メーカーです。

なかでも、国内主要産地で広く栽培されているF1縞王系西瓜をはじめ、
メロン、カボチャ、キュウリ、ダイコン、キャベツなど、数多くの品種を当社のオリジナルブランドとして全国に展開。
個人のお客様へは野菜や草花の種子、球根などの通信販売を行っています。
消費者が求める安全性と品質が高い種子の安定供給に努めています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴 大和農園グループのオリジナル品種

日本のスイカの代名詞として全国で支持されているF1縞王西瓜を筆頭に、多くのF1品種を発表している当社。ブリーダーは市場動向をいち早くキャッチし、常に未来を先取りした品種改良に取り組んでいます。開発された品種を、営業は国内では種苗店やJAなどの得意先へ、海外では欧米、アジア、オセアニアへと卸販売を行います。国内へ販売後はブリーダーと共に生産地に赴き、講習会や栽培指導をしています。全社員が野菜のコンサルタントとして、プロの生産者から個人で栽培されている方々まで、きめ細やかに対応。当グループのF1品種はさらなる進化を遂げ、より広く、深く皆様に愛されることを目指します。

事業・商品の特徴 歴史のある通信販売

野菜種子・草花種子・球根・多年草・花木・果樹・有用植物・園芸資材を、日本全国の園芸愛好家の皆様にカタログで通信販売しています。カタログを年2回発行し魅力的な商品をご紹介する以外に、「大和友の会」という会員制度を運営し会員の方には年4回の会報誌をお届けし、お得で役に立つ情報をご提供しています。通信販売を開始して83年目となる2016年の秋からはインターネット通販も本格稼働の予定で、幅広いお客様により便利に園芸をお楽しみいただけるように体制を整えています。

社風・風土 常に未来を先取りしながら、日本の「食」を支えています。

多くの方に食の大切さ・楽しさを知っていただくため、奈良県内の学校での栽培授業や一般の方向けの講習会を行っています。また、昨今関心が高い環境問題に対しても、地域の環境フォーラムへの出展や、グリーンカーテン事業への協力・指導など、“タネ屋”の立場から、少しでも住みやすい地球環境を提言しています。その他にも、奈良県をホームタウンとする奈良クラブ(サッカーチーム)やバンビシャス奈良(バスケットボールチーム)のオフィシャルスポンサーとして日々の活動を応援し、地域と共に発展することを目指しています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

通信販売部

・通信販売のカタログやECサイトで販売する商品企画・カタログ作成
・商品の受注・仕入・発注等の基幹業務の運用
・商品発送現場の管理監督

会社データ

事業内容 ○オリジナルブランド野菜の育種研究開発と種子生産及び国内外卸売販売
○花球根、花木、果樹苗、宿根草、野菜・草花種子等、園芸農産種苗全般の国内通信販売
創業 1920(大正9)年
設立 1934(昭和9)年7月
資本金 1億1,000万円 (グループ全体)
従業員数 63名 (グループ全体)
売上高 19億円 (グループ全体)
代表者 代表取締役社長 吉田裕
事業所 【大和農園グループ】
・株式会社大和農園ホールディングス
・株式会社大和農園
大和農園グループ ○株式会社大和農園ホールディングス
 大和農園グループの経理・総務・労務・建物管理運営業務

○株式会社大和農園
 オリジナルブランド野菜品種の育種研究開発・種子生産・品質管理
 オリジナルブランド野菜種子の国内及び海外卸販売
 野菜・草花種子、球根、果樹苗及び農園芸資材の国内通信販売
沿革   1920年(大正9年)   吉田 光治により創業

  1922年(大正11年)  オランダよりチューリップ等の西洋球根の原種を直輸入、国内にて拡大
                生産・販売開始

  1934年(昭和9年)   株式会社大和農園 設立
                吉田 光治 代表取締役 就任

  1944年(昭和19年)  奈良県種苗統制会社に一部門を統合
                吉田 光治 統制会社社長 就任
  
  1947年(昭和22年)  吉田 修之 株式会社大和農園
                代表取締役 就任

  1959年(昭和34年)  戦後産業復興モデル法人として
                高松宮殿下よりご視察の栄を受ける

  1969年(昭和44年)  株式会社大和農園を8社に分社 大和農園グループとなる

  1978年(昭和53年)  佐保庄研究農場 開場

  1979年(昭和54年)  新館社屋 完成

  1983年(昭和58年)  基礎研究室設置 バイオテクノロジー研究開発開始

  1985年(昭和60年)  1969年における分社のうち5社にて新たに大和農園グループ発足

  1996年(平成8年)   吉田 裕 大和農園グループ
                代表取締役 就任

  2001年(平成13年)  海外事業本部 設置
                中国遼寧省に連絡事務所 開設

  2008年(平成20年)  韓国京畿道に連絡事務所 開設

  2014年(平成26年)  グループ5社を2社へ統廃合
                現大和農園グループ発足
                株式会社大和農園に新規事業部 発足

  2020年          創業100周年を迎える

連絡先

株式会社大和農園
〒632-0077 奈良県天理市平等坊町110
採用担当 
TEL:0743-62-1182
URL:http://www.yamatonoen.co.jp/
e-mail:saiyou@yamatonoen.co.jp
掲載開始:2016/03/01
「じぶん研究」を使うことで、自分の興味の傾向を知ることができます。「じぶん研究」した企業は「じぶん研究リスト」からいつでも確認できます。(「じぶん研究」はログイン後にご利用いただけます) じぶん研究に使う