ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社

体外診断薬・機器、研究用試薬・機器、診断薬・医薬品原料
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
業種 医薬品医療機器
本社 東京
雇用形態 正社員

私たちはこんな事業をしています

私たちは世界有数のヘルスケア企業ロシュグループの一員として、体外診断薬・機器事業(In Vitro Diagnostics)、病理検査事業(Tissue Diagnostics)、血糖測定関連事業(Diabetes Care)、という3つの領域にて事業を展開し、疾患の早期発見や予防、診断や治療のためのソリューションを通じて、人々の健康の増進やクオリティ・オブ・ライフ(QOL)の向上に貢献しています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性 世界150ヵ国以上に展開するヘルスケアのグローバル・カンパニー

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社は、ロシュグループ診断薬部門の日本法人です。ロシュグループは、スイスのバーゼルに本拠地を置き、世界150ヵ国以上に展開するヘルスケアのグローバル・カンパニーです。私たちロシュ・ダイアグノスティックス株式会社は、診断薬のリーディングカンパニーとして、最適な治療のための「効率的な検査」と「医薬的価値の提供」を追求しています。

戦略・ビジョン 診断で医療を変える

医療の発展に伴い、体外診断薬は重要な役割を担うようになってきています。その一例が、個々の患者さんに合う治療法を選択する「個別化医療」であり、個別化医療に不可欠となるのが「コンパニオン診断薬(CoDx)」です。抗がん剤などの治療薬は同じがんの患者さんでも効果が見込める人とそうでない人がいます。効果が見込める人にのみ薬剤を投与することで、患者さんの経済的負担、医療費全体の抑制のみではなく、服用して副作用等で苦しむ人を減らすことができる点で、CoDxは社会にとって必要不可欠な診断薬です。ロシュは、医薬品と診断薬の両事業を併せ持つ強みを生かし、2006年から「個別化医療」をグループ戦略の中心に据えています。

企業理念 "Doing now what patients need next"

「患者さんが今、必要としている医薬品・診断薬をいち早くお届けする為に行動する事」、これはロシュグループ85,000人余が共有する哲学です。ロシュにとって事業の成功とは、ひとりでも多くの人を健康にすることにあります。私たちは確固たる倫理観を持ち、最先端の科学を用いて革新的な医療を世に出すための努力を続け、今日よりも良い明日を創ることを目指し、勇気・情熱・誠実をもって日々行動します。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

■  医療機関または研究機関に対して当社製品(試薬、機器)の販売、医療情報の提供および運用のソリューション提案を行う営業職。
■ 特定の検査領域を担当し、学術知識をベースに当社製品のユーザーに対し直接、製品の性能評価や運用提案をして製品販売を推進するフィールド学術職。
■ 検査機器・研究機器の検収作業、メンテナンス作業、修理作業を担当する技術職 (エンジニア)。

会社データ

事業内容 ●体外診断薬・機器
●研究用試薬・機器
●診断薬・医薬品原料
の輸入、製造および販売
設立 1998年8月1日
資本金 25億円
従業員数 828名
売上高 518億円 (2015年度)
代表者 代表取締役社長 兼 CEO 小笠原 信
事業所 本社:東京都港区芝2-6-1
支店:札幌、仙台、関東、東京第一、東京第二、名古屋、大阪第一、大阪第二、広島、福岡
物流:川崎(東扇島ロジスティックスセンター)
主要取引先 1. 全国の病院、検査センター
医師、検査技師、検査センターのご担当者の方々に、病状を把握するために使用される当社の診断薬・診断機器の情報提供をします。

2. 全国の大学等の教育機関、研究機関
主に、遺伝子に関する研究に従事されている方々に、当社の研究用試薬・研究用機器の情報提供をします。

連絡先

ロシュ・ダイアグノスティックス(株)新卒採用事務局
東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス
電話:03-6361-1307(平日 9:00-17:30)
http://www.roche-diagnostics.jp/
掲載開始:2016/03/01
「じぶん研究」を使うことで、自分の興味の傾向を知ることができます。「じぶん研究」した企業は「じぶん研究リスト」からいつでも確認できます。(「じぶん研究」はログイン後にご利用いただけます) じぶん研究に使う