株式会社セキ薬品セキヤクヒン
◆ チューリップ薬局/ドラッグストア セキ ◆
業種 専門店(ドラッグストア・医薬品・化粧品)
医療関連/専門店(メガネ・コンタクト・医療関連)/その他専門店・小売/福祉関連
本社 埼玉
雇用形態 正社員
「じぶん研究」を使うことで、自分の興味の傾向を知ることができます。「じぶん研究」した企業は「じぶん研究リスト」からいつでも確認できます。(「じぶん研究」はログイン後にご利用いただけます) じぶん研究に使う 説明会・イベント予約 プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。 プレエントリー

リクナビ取材情報とは、この企業が掲載された特集テーマに沿って、注目されている理由や魅力を独自に取材した情報です。

特集テーマ:薬学部出身社員の働き方特集

調剤業務とOTC業務を通して幅広い商品知識を得られる仕事。

就職活動では「調剤専門薬局」「調剤併設ドラッグストア」を対象に複数の合同説明会に参加しました。その中でも調剤業務だけでなく、OTCや健康食品など幅広く患者さまのご相談にのれる「調剤併設ドラッグストア」に絞り込んでいきました。数社に絞っていく過程で、他の会社は調剤業務・OTC業務がわりと明確に分かれていましたが、セキ薬品では調剤とOTCをバランスよく経験できることがわかってきました。それが入社を決めた理由です。
実際に入社してからは、入社2年2ヶ月は研修期間の位置づけで本配属はされずに、3店舗を核に最初は2週間単位、後に1ヶ月単位で複数の店舗を経験します。3店舗の内、1店舗は調剤専門薬局、2店舗は調剤併設ドラッグを経験できます。お店によって処方科目が違いますし、ドクターのタイプも異なり様々な経験を積むことができます。
初めての配属は緊張するもの。でも、私は同期と一緒だったので安心感をもって働くことができています。セキ薬品では研修期間の最初の1年2ヶ月間はどの店舗でも必ず同期複数と一緒に勤務することになります。わからないことも、楽しいことも共有できるので共に成長していくことを実感できます。

入社前の店舗見学の際に調剤部の榊課長にお会いしたこともセキ薬品への関心が高まった大きな理由です。榊さんは私と同じ大学出身で、セキ薬品の調剤事業をゼロから作り上げた方です。それから社長をはじめ経営陣も薬剤師というのも働きやすさに繋がっています。薬剤師への期待も感じますし、待遇もそれに相応しいものです。セキ薬品には「よい健康、よい仕事、よい報酬」という企業理念がありますが、地域の健康に貢献するという仕事を通じて、高収入を得ることができます。
入社してからは、調剤業務・OTCをバランスよくやらせてもらっています。学生時代の実習と違うのは「経営的な視点」も求められることでしょうか。在庫管理・発注業務も任せられますし、ピッキング一つとっても会社のルールがあります。もう一つ働きはじめて気づいたことは、調剤併設ドラッグストアということもあり、健康に関してアドバイスを求められることが多いということ。風邪の相談などを症状などをよく聞いた上で適切な風邪薬をお薦めし、良くなったよと言っていただけるとすごく嬉しいものがあります。

患者さんから信頼され、何でも相談してもらえる薬剤師をめざす。

同期の薬剤師と一緒の配属だから安心。

休日には同期の仲間と遊園地に行ったり、タコ焼きパーティーをすることも。仕事後に飲みに行ったり、カラオケに行くこともあります。先輩社員にも恵まれています。先輩薬剤師の薬局長は、新店立ち上げの際に前の店舗から馴染みの患者さまが多くついてきたそうです。一人ひとりのお客様の健康にきちんと向き合い、お応えしてきた成果だと思います。私も患者さんから信頼され、何でも相談してもらえる薬剤師をめざしています。健康増進法の施行や65歳以上の人口増加もあり、薬剤師に求められる役割も変わりつつあります。セキ薬品では調剤併設の店舗展開にも力を入れ、薬剤師が活躍できるフィールドがどんどん広がっています。同期、先輩、役員、社長…薬剤師有資格者が組織の要所要所にいることで、私たちも明確なキャリアプランを描くことができます。まずは薬局長を目指し、薬局全体を統括する立場として地域の方へのサービス向上を目指したいです。

「じぶん研究」を使うことで、自分の興味の傾向を知ることができます。「じぶん研究」した企業は「じぶん研究リスト」からいつでも確認できます。(「じぶん研究」はログイン後にご利用いただけます) じぶん研究に使う 説明会・イベント予約 プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。 プレエントリー
掲載開始:2016/03/01

この企業は、以下の特集で紹介されています