リクナビ

就活ならリクナビ

証明写真|履歴書で自分の魅力をアピール

証明写真を上手に撮る方法

証明写真は、事前にしっかり準備しよう

履歴書用の証明写真を撮る前には、服装、髪形、メイクなどを準備しておきます。

●服装

男女ともに会社訪問をするときと同様に、黒や濃紺系のスーツと白のシャツが基本となります。

●髪やメイク

一般的に男性は耳が出る程度に髪をカットして、髭を剃っておきます。女性の場合は、髪を整えて清潔感を出すようにして、メイクはナチュラルさを重視したポイントメイクがお勧めです。

証明写真は写真館のスタジオで撮ると便利

証明写真を撮影するには、写真館を利用する方法と、街中にあるスピード写真の機械を利用する方法があります。クオリティを重視するなら写真館が好ましく、カメラマンに専用のスタジオで撮影してもらえるため、失敗がありません。

また、焼き増しする際に便利で、企業にきちんとした印象を与えることができます。女性であれば、ヘア&メイクのサポートサービスを用意している写真館を活用することもできます。一方、スピード写真は手軽に安価で撮影が行えるぶん、イスの高さや、シャツの汚れなどの撮影時の細かなチェックは自分で行う必要があります 。

デジカメを使って自分で撮影する方法もあります。その場合には、明るめの無地の壁を背景にして、余計なものが写らないような撮影場所を準備します。撮影後は写真用の用紙で印刷し、規定のサイズにカットします。その際、曲がってしまわないよう定規とカッターを使い、丁寧に作業をしましょう。

証明写真を撮る際のチェックポイント

写真の撮影時には、以下のような点をチェックします。写真撮影に行く前に、自宅でセルフチェックしておくと、事前に対策をとることができます。

(1)鏡を見て、髪形の乱れやTゾーンを中心にテカリがないかなどチェック (2)眼鏡を着用している場合は、ズレがないかチェック (3)シャツの襟やネクタイが曲がっていないか確認 (4)上着は型崩れ防止のため、一番下のボタンを外す (5)椅子に座ったら、背筋をピンと伸ばす (6)口元は歯が見えない程度に笑みをつくる (7)目は少しだけ、意識して開くようにする

リクルートが運営する【リクナビ新卒】では、学生の皆さんの就職活動を全面サポート!エリアや説明会から、さまざまな企業の検索が可能です。エントリーシートの書き方、自己分析やSPIについてなど、就活に関するお役立ち情報が満載。