株式会社タカギセイコー
タカギセイコー
2019
  • 株式公開
業種
化学
自動車/輸送機器/家電・AV機器/コンピュータ・通信機器・OA機器
本社
富山

私たちはこんな事業をしています

私たちタカギセイコーは、1949年に日本で初めて紡績部品のプラスチック化に成功した、業界では先駆けの開発メーカーです。
その後も、日本の基幹産業である自動車、精密機器など多岐にわたる製品で、プラスチック化を実現。現在では車両事業を柱に、業界をリードする高度な技術力と、部門を超え互いに協力できる支援体制で、お客様に幅広い技術を提供しています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

幅広い技術力でお客様の課題を解決する「開発先行型企業」

当社は、プラスチック業界のリーディングカンパニーとして、お客様の抱える様々な課題に最適なソリューションを提供しています。当社の強みは、材料開発からデザイン・設計、金型設計・製作、成形、塗装、組み付け、販売まで行える「一貫生産体制」と、あらゆる加工技術を持っていること。すべて自社で行えるということは、お客様にとってコスト・納期の面で大いにメリットを提供できます。そして、『タカギセイコーなら何とかしてくれる』と言っていただけるのは、幅広い加工技術があり、お客様に最適な加工方法をご提案できるからです。この技術力を生み出してきたチャレンジングな社風を生かし、今後も差別化技術の開発に力を入れていきます。

技術力・開発力

医療機器分野へ参入&新加工システムの確立

当社では、これまでに蓄積した樹脂加工技術を医療分野にも応用展開しています。今般、富山県が推奨する「とやま医薬工連携ネットワーク事業」を契機として、「針なし注射」の製造を開始する運びとなりました。医療は当社が主力の地域拠点を有する富山県の地の利と精密製品の生産技術力を活用できる分野であり、今後も積極的に取り組んでいきます。他にも、経済産業省の事業として、産学官で材料開発から共同で進めた唯一の部品メーカーに選ばれ、熱可塑性樹脂の特性と成形技術を活かした高精度でハイサイクルな加工システム「高速スタンピング成形システム」を新たに開発しました。

魅力的な人材

プラスチックの無限の可能性に挑戦し、ともに高めあう仲間を求む

『挑戦』というキーワードを大切にしてきた当社にとって「人」は何よりの財産。どんな画期的な先進技術もすべては人が考え、生み出すからです。そこで当社では社員一人一人を尊重する制度を整備し、教育体制を充実させています。新入社員は入社後の数ヶ月間は、当社のものづくりを知り、働く基礎を身につける期間としています。その後は、自主的に考える力を養いながら、資格の取得支援や研修制度のバックアップを通して技術力を、また地域の環境美化やイベント参加などの貢献活動で人間力も養っています。富山県に根ざしながらグローバルで活躍できる環境と、人の成長を大切にする社風に魅力を感じて、IUターンで入社する社員もたくさんいます。

会社データ

事業内容 プラスチック製品の製造、販売
プラスチック成形用金型の製造、販売
金属プレス製品の製造、販売
製品設計、技術支援等のエンジニアリング業務
創業 1913(大正2)年5月
設立 1959(昭和34)年3月
資本金 20億9,013万円(2016年9月30日現在)
従業員数 972名(2016年2月1日現在)
売上高 46,272百万円(2016年3月実績/連結)
代表者 代表取締役社長 八十島 清吉
事業所 ■本社
富山県高岡市
■営業拠点
東京支店:東京都渋谷区/栃木支店:栃木県宇都宮市/北陸支店:富山県射水市/浜松支店:静岡県磐田市/大阪支店:大阪府池田市/埼玉営業所:埼玉県坂戸市/鈴鹿営業所:三重県鈴鹿市/熊本営業所:熊本県熊本市
■工場
東北工場:福島県本宮市/関東工場:群馬県邑楽郡/新湊工場・新湊金型工場:富山県射水市/高岡工場:富山県高岡市/氷見工場・氷見金型工場・氷見押出成形工場:富山県氷見市/福光工場:富山県南砺市/浜松工場:静岡県磐田市/浜北工場:静岡県浜松市
グループ会社 【国内拠点】
■株式会社トリニティ:富山県高岡市/■株式会社中井製作所:京都府宇治市

【海外拠点】
香港、中国、インドネシア、タイ
沿革 1931(昭和6)年 個人事業として高木漆器店開業。
1940(昭和15)年 合成樹脂(ベークライト)による漆器開発に成功、製造を開始。
1949(昭和24)年 コレクター、スライバーガイド、ボビン等紡績機器部品のプラスチックス化成功。
1957(昭和32)年 自動車用コラムブッシュ、オートバイククラッチ用スクリューのプラスチックス化成功。
1959(昭和34)年 法人に改組、株式会社高木製作所設立。
1969(昭和44)年 テカルミット社(イギリス)の技術により、ホース・チューブ製造開始。マックニール社(アメリカ)の技術により回転成形開始。回転成形法による車輌用ガソリンタンクの製造開始。
1970(昭和45)年 ユジーヌ・クールマン社(フランス)の技術により合成木材の製造開始。
1986(昭和61)年 社名を株式会社タカギセイコーに変更。本社を高岡市二塚322番地の3に移転。
1990(平成2)年 マーゴン社(アイルランド)とブロー成形の技術援助契約を締結。
1995(平成7)年 海外子会社・高木精工(香港)有限公司設立
1999(平成11)年 新湊事業所がISO9002を取得。(以下各事業所で取得活動展開)
2000(平成12)年 東北事業所がISO14001を取得。(以下各事業所で取得活動展開)
2003(平成15)年 PT.サリマルチウタマ社(インドネシア)とプラネット株式会社との合弁会社 PT.タカギ・サリマルチウタマ設立。 ISO14001を全社統合。
2004(平成16)年 明和産業株式会社との合弁会社・高和精密模具(上海)有限公司を設立。
2005(平成17)年 プラネット株式会社との合弁会社・高木汽車部件(佛山)有限公司を設立。 住友商事プラスチック株式会社と共同で株式取得により、明和アペックス株式会社(群馬県)を子会社化。
2006(平成18)年 PT.タカギ・サリマルチウタマ、住友商事ケミカル株式会社との合弁会社PT.TSCマニュファクチュアリング(インドネシア)を設立。 バンコク・ダイキャスティング&インジェクション社(タイ)、スミ・タイ・インターナショナル社(タイ)、タイ ハタチ社(タイ)との合弁会社タイ タカギセイコーカンパニー・リミテッドを設立。
2007(平成19)年 JASDAQ市場に上場。  
2010(平成22)年 明和アペックス株式会社(群馬県)を吸収合併。 関東工場として稼動。
2011(平成23)年 PT.タカギ・サリマルチウタマ(インドネシア)がPT.TSCマニュファクチュアリング(インドネシア)を吸収合併。
2014(平成26)年 高木汽車部件(佛山)有限公司との合弁会社・武漢塔佳奇汽車部件有限公司を設立。  
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)