株式会社喜多製作所
キタセイサクショ
2019

株式会社喜多製作所

【業種:半導体・電子部品・精密部品の製造・販売、設計開発】
業種
半導体・電子部品・その他
精密機器/その他製造/機械
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

【技術職: 機械系・電気・電子系学部学科生限定】
【営業職:全学部・学科生対象】
私たちは「コンタクトプローブ」という半導体の製造過程には欠かせない検査部品を製造・販売するメーカーです。
オーダーメイドを中心として世界の各メーカーからのご要望に応えています。
取引先は大手電子メーカーが多く、国内メーカーでも工場がアジアなどにあるためマーケットは海外に広がっています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

極小!なのにバネで伸縮する精密さ『コンタクトプローブ』

指先に乗ってしまうほどの小ささ。見失ってしまうと見つけるのも困難なほど。これが、IC・半導体・プリント基盤といった精密電子部品を製造する際の通電・性能を検査する検査部品『コンタクトプローブ』。この小ささでバネを伸縮するほどの精密さ。当社はコンタクトプローブの製造を手掛けて37年。総本数は3億本を越えました。モノづくりに欠かせない検査部品は国内メーカーだけでなく海外メーカーからの要望も多く、販路は海外に広がっています。お客様の付加価値創造のため、製品はほぼオーダーメイド。今後も「お客様の立場にたって仕事をする」をモットーに、世界の電子回路、半導体技術の発展に貢献していきます。

事業優位性

「りんくう」から生み出される世界に通じる「KITA」ブランド。

コンタクトプローブの生産量では国内トップクラスの実力を誇る喜多製作所では、設計から切削加工、熱処理、鍍金、組立、検査までを一貫生産しています。そのため顧客のちょっとした仕様変更などは敏速に対応して製品に反映させることが可能です。単に顧客の要望をカタチにするだけではなく「こんなふうにしたらどうですか」という提案力も持っているのも特徴。その一方で、多品種小ロット生産に対応しながらも大量の受注にも対応できるキャパも持ち合わせています。そんな長年の実績と蓄積されたノウハウをもとに生み出される製品は、今やアジアをはじめ世界中からオーダーを受け、「KITA」と言えば通じるブランドとして確立されています。

社風・風土

手をあげた人にどんどん仕事を任せる環境があります。

設計から検査までを一貫して行う当社では、大企業のように仕事が細分化されていません。ですから部署をこえて仕事をすることが多く、自分が考えたものがダイレクトに製品、仕組み、その他いろいろなところに反映されるやりがいがあります。しかも手をあげた人にはどんどん仕事を任せていく社風がありますので、何か新しいことに挑戦するかはあなた次第。もちろん、それに応じて仕事もどんどん任せていきますので、自ら柔軟に考え率先して動くということが大切になってきます。また、アジレント計測器や電子顕微鏡、X線装置など積極的に最新の分析機器への設備投資を行っていますので、技術者を目指す方にとっては魅力的な環境といえるでしょう。

会社データ

事業内容 IC・半導体・プリント基板などの精密電子部品の検査用プローブの製造、
エレクトロニクス関連製品、精密金属部品の製造

■商品:プリント基板用検査用各種コンタクトプローブ、各種ガイドピン、治具、シャフト、
IC検査用ミニピン、ポゴピン、各種IC検査用ソケットなど
主な仕事内容 ◆技術職◆
製品の設計から製造に関わるすべての工程を自社で行っていますので、
仕事は幅広く存在します。
製品が完成するまでのすべてのプロセスの設計もお任せしますので、
大学で学んだ「機械、電気、電子」以外の
幅広い知識を、仕事を通して身に付けることができます。

色々なことに興味を持ち、取り組める方であれば、
モノづくりの全プロセスを考え、
実際に切るところから製品の完成までを担当していただきます。
当社には、モノづくりの面白さをダイレクトに感じられる環境があります。
積極的に取り組めば、知識はどんどん身についていきますので、
大きなやりがいを感じていただけると思います。

◆営業織◆
当社の顧客は、世界中にいらっしゃいます。
お客様の希望をくみ取り、社内の各部署とよく検討し、付加価値の高い製品をお届けしています。
人と人の交流を大切に、まずはカスタマーサービス業務から、やがては先輩社員に同行営業にて実践経験を積み、単独で営業を行えるようになるまで、しっかりと指導・サポートいたします。
設立 1969年2月
資本金 2400万円
従業員数 125名
売上高 16億2000万円(2016年1月実績)
代表者 代表取締役 喜多智彦
事業所 ■本社工場:〒590-0535 大阪府泉南市りんくう南浜4-27
■ミツワ技研事業部:〒614-8224 京都府八幡市内里別所32-1
■KITA USA(現地法人):アメリカ・マサチューセッツ州アトルボロ
■フィリピン工場:フィリピン・セブ島
社是 「いい会社を作りましょう。」

すべての社員のみなさんが、それぞれの立場で、
いい会社にしようと考え、行動することで、
いい会社になるのです。

会社にかかわるすべての人から「いい会社だ」と
いわれる会社にしましょう。
企業理念 進化する世界の電子部品業界の未来を見つめ、
高度な精密加工技術をもって、
お客様企業の付加価値創造に貢献します。

そのために

1. 顧客満足のための、品質・コスト・納期を追求します。
2. 幅広く情報を収集し、技術を革新し続けます。
3. 理念、目標を共有し、物づくりのエキスパート集団となります。
当社の歩み ■1963年 大阪市東成区大今里1-26-3に精密部品メーカーとして、故 喜多康明が設立

■1965年 東大阪工場建設・操業開始

■1969年 資本金300万円にて法人設立 
        電機部品・ミシン部品製造

■1972年 コンタクトプローブ製造開始

■1974年 全国販売開始

■1976年 プローブ全自動組立機導入

■1977年 資本金600万円に増資

■1983年 営業部門 大阪ミクロン工業(株)を設立

■1986年 資本金1,200万円に増資

■1994年 現会長 喜多敏明 社長就任

■1995年 (有)妙光 表面処理部門として設立 
        事務所増築 
        フィリピン工場操業開始

■1997年 大今里工場建設・操業開始
        大今里工場にトランスファープレス導入

■1998年 大今里工場増築 
        大今里工場MC導入
        コンタクトプローブ及び関連商品についてISO9002取得(東大阪工場・大今里工場)
        資本金2,400万円に増資

■2001年 俊徳工場竣工

■2005年 本社機能・各工場を統合するため、 りんくう工場(現本社工場)へ移転

■2007年 ミツワ技研株式会社をグループ化

■2012年 アメリカに KITA USAを設立

■2013年 喜多智彦が社長に就任

■2016年 6月りんくう第2工場竣工
取引先 アメリカ・中国・アジア・東南アジア・ヨーロッパなどの半導体メーカー、
大手電機メーカー、プリント配線板メーカー、プリント治具メーカー、
ICソケットメーカー等 約700社
社内の風景 社長の意向で社長室やしきりなどを排除。
部署間の壁がなく社員が同じフロアに机を並べているオフィスは、
社内のコミュニケーションを第一に考えて作られました。
奥行きがあり、とても開放的です。
オフィスの壁いっぱいに広がる窓からは大阪湾が一望できます。
そして海の向こうには関西国際空港も望めます。
お天気が良い日は、最高のロケーションです。
新人でも仕事を任せます 当社は年齢に関係なく、どんどん仕事を任せています。
そのため、比較的に平均よりも早いタイミングでモノづくりの面白さを実感していただける、
社会貢献度の高い仕事です。
りんくう立地の理由 お客様の海外比率は7割。
海外から当社にお越しいただくことも多いです。
そのため、関西国際空港から近い「りんくう」に本社・工場を構えています。
製品数について 当社は高度な精密加工技術を駆使し、米粒より小さい、髪の毛よりも細い、
ミクロン台の性能を持つ製品をつくり、常に均一の品質を保っています。
均一の品質を保つのは難しいもの。
たとえば、高温多湿での検査では、Aの素材を増やして、
低温試験ではBの素材を減らす・・・
といった試験する環境によって、扱う素材や加工方法が異なるものだから。

私たちは、そんなお客様のニーズを聞きながら、
常に高品質の製品をご用意できるように、
お客様のニーズに合わせて製品を作ることが多く、
細やかな対応ができるところから、高い評価をいただいています。

そのため、当社の製品の種類はとても多いのです。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)