就職なら、リクナビ2015

株式会社 ヤオコー

ヤオコー

[業種]スーパー・ストア/食品 [本社]埼玉

株式公開正社員

株式会社 ヤオコー

食品小売業/東証一部上場

 

私たちはこんな事業をしています

【8月説明会予約受付中!!】 【夏採用 アツく実施!!】
首都圏を中心に130以上の店舗を展開し、25年連続増収増益の食生活提案型の食品スーパーマーケット。

当社の魅力はここ!!

企業理念 目指すは「お客様の食卓を日本でいちばん豊かにできる企業」

美味(鮮度)しいものを食べたい!楽しく豊かな食事を楽しみたい!と思うそれぞれの地域のお客さまのお役に立てる店づくりを目指しています。売れればよい・儲かればよいではなく、スーパーマーケットを通して世の中のお役に立とうというぶれない理念がヤオコーにはあります。■◇■◇■◇■◇会社説明会は一味違う!と多くの学生さんにご好評いただいています■◇■◇■◇■◇見て・聞いて・感じて、、、。ただの説明会じゃありません。参加型の体感プログラムで仕事内容を理解しよう(^^)◇◆◇◆◇◆ヤオコーフェイスブックも是非ご覧ください◇◆◇◆◇◆Google等で「ヤオコーのこころフェイスブック」で検索を!!

戦略・ビジョン 一人ひとりのチカラがヤオコーの原動力!

ヤオコーは東証一部上場企業として関東1都6県に130店舗以上を展開し、25期連続増収増益を達成。新店や改装店がオープンすると、業界関係者が多く視察にやってくるなど注目度は年々高くなってきています。その成長の鍵となるのはチェーンストアのメリットを活かしつつ、各店独自の地域性に合わせた店づくり。自らの想いをこめた店づくりをするために、メンバー全員が積極的に意見やアイデアを出し合う。この「全員参加の商売」がメンバーのやる気と志を高め、競合他社に打ち勝つ抜群のパワーを生み出しています。“多くの方とかかわり、お店づくりをする中で、共に成長する”あなたの力をヤオコーで発揮しませんか?

社風・風土 広がるキャリアは無限!進む方向は自分次第!!

ヤオコーは今後、年間10店舗の出店を予定し、500店舗・売上1兆円企業を目指します。入社後はまずは各店舗の部門担当者として主任を目指して基礎から学んでいただきますが、そのあとのキャリアステップはまさに無限大。店主としてメンバーをまとめる店長や、買い付けだけでなく一から想いを込めた商品を開発するバイヤー、複数の店舗を担当し売り方指導を行うスーパーバイザー、加工や調理技術を教えるトレーナーなど、活躍できる場が実はたくさんあるんです。でもそれはただ待ってるだけではやって来ません。自分から手を挙げてチャンスを掴みとりにいくこと、自分から向かっていく重要さをヤオコーは大切にしています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

入社時は店舗の各部門担当者として商品づくりや売場展開、発注、接客などの業務を担当します。1~3年程度を目標に店舗担当部門の責任者(主任)として、売上計画・管理や人員管理を担当していただきます。責任者としての実績、評価とともに、本人希望や適性に合わせて店長や本部スタッフとして勤務をしていただきます。                   

先輩社員が当社を選んだ理由

「食」という生活に欠かせないものには強みがある!

店長
中村 督規
大東文化大学 外国語学部 中国語学科

店舗見学を通して「私も会社の一員になりたい」と感じた!

鮮魚部
松信里沙
大東文化大学 環境創造学部 環境創造学科

平等なチャンスの中で自分らしい自分を見つける!

ドライ食品部 主任
田口健太
帝京大学 経済学部 経済学科

とにかく様々な人との出会いがある

日配食品部
中野 佳祐
流通経済大学 スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科

会社データ

事業内容 小売業(食生活提案型の食品スーパーマーケット)
生鮮食品・デリカ食品を中心に、一般食品・生活雑貨を扱う小売業
 
創業 1890年
※創業120年の歴史があります。
 
設立 1957年7月
 
資本金 41億9900万円
 
売上高 2630億1500万円 (2014年3月実績)
前年同期比110.7% 
 
 
経常利益 112億1300万円 (2014年3月実績)
前年同期比106.6%
 
従業員数 10,563名(パートナー、アルバイト含む 8時間換算で表示 2014年3月末現在)
 
正社員数 2,272名(2014年3月末現在)
 
代表者 代表取締役会長    川野幸夫
代表取締役社長   川野澄人
 
事業所 ●埼玉県76店舗●
(小川SC、長瀬、越生、岡部、高麗川、所沢松井、飯能、行田門井、新白岡、北本、菖蒲、東所沢、みどりが丘、大宮上小町、浦和大久保、嵐山東口、寄居、狭山、深谷上野台、川島、富士見羽沢、児玉バイパス、大宮宮原、入間仏子、越谷蒲生、羽生、児玉南、坂戸泉、深谷国済寺、南桜井、嵐山バイパス、蕨南町、川越山田、入間下藤沢、鴻巣逆川、坂戸千代田、北入曽、熊谷箱田、皆野、所沢北原、一本松南、入曽、川越南古谷、熊谷ニットーモール、大宮蓮沼、行田藤原、川口朝日、大宮島町、つきのわ駅前、ワカバウォーク、所沢椿峰、秩父大野原、上福岡駒林、三芳藤久保、上福岡西口、伊奈、籠原、川口本町、幸手、川越新宿、上里、浦和上木崎、岩槻西町、新座、秩父上野町、所沢美原、草加原町、川越昭和蔵、鴻巣吹上、大宮大成、大宮盆栽町、若葉駅西口、川越的場、三郷中央、新座栗原、志木宗岡、戸田駅前)
※川越昭和蔵店は、川越市の物産等を楽しんでいただく施設『小江戸蔵里』内の店舗で、スーパーマーケットとは異なります。

●千葉県21店舗●
(みつわ台、おゆみ野、学園前、船橋三咲、浦安東野、成田駅前、モラージュ柏、野田つつみ野、牧の原モア、成田はなのき台、ユニモちはら台、四街道、佐倉染井野、市川田尻、船橋三山、市川中国分、稲毛海岸、市川新田、柏若葉町、八千代大和田、松戸稔台)

●群馬県13店舗●
(中之条、高崎井野、前橋関根、前橋六供、安中、富岡、桐生相生、太田小舞木、高崎飯塚、高崎高関、前橋日吉、桐生境野、前橋箱田)

●茨城県7店舗●
(竜ヶ崎佐貫、利根、竜ヶ崎、藤代、取手青柳、古河松並、取手戸頭)

●栃木県5店舗●
(足利、佐野浅沼、野木、足利八幡、足利大前)

●東京都7店舗●
(フレスポ若葉台、青梅今寺、八王子並木町、立川若葉町、小平回田、東大和、西武立川)

●神奈川県4店舗●
(相模原下九沢、相模原鹿沼台、平塚宮松町、藤沢柄沢) 

合計133店舗 ※2014年3月末現在
最新店舗はホームページをご確認ください。
 
財務指標 営業収益 2630億1500万円(前年同期比 110.7%) 
経常利益  112億1300万円(前年同期比  106.6%)
自己資本比率44.5%
2014年3月実績 ※25年連続増収増益継続中
 
株式上場 東証一部上場(1997年9月)
 
関連会社 (株)三味
(株)ヤオコービジネスサービス
(株)ヤオコープロパティマネジメント
(株)日本アポック(調剤薬局)
 
沿革 ◆1957年 埼玉県小川町に(有)八百幸商店(資本金350万円)を設立
◇1958年 セルフ方式の販売形態を導入し、スーパーマーケット化を目指す
◆1968年 旧嵐山店をオープンし、本格的なチェーン展開に着手
◇1974年 (株)ヤオコーに改組(資本金950万円)
◆1978年 本格的なNSC店舗小川ショッピングセンターを新装オープン
◇1981年 全ヤオコー労働組合結成
◆1985年 生鮮センターを開設
◇1986年 本部を川越市に移転
◆1988年 株式店頭公開
◇1993年 東京証券取引所市場第二部に上場
◆1995年 常温物流の基地として、嵐山町に配送センターを開設
        (株)日本アポック(調剤薬局)を設立
◇1996年 当社本部ビルを川越駅西口前に竣工し10月より営業開始
◆1997年 東京証券取引所市場第一部に指定替え
         千葉・茨城両県への店舗展開に備え、千葉物流センターを開設
◇1998年 狭山店をミールソリューション型店舗モデルに全面改装オープン
◆2001年 デリカ部門を事業部化
◇2002年 狭山グロッサリーセンター・チルドセンターを開設
◆2003年 惣菜・寿司・インストアベーカリーを(株)三味として分社化
         川越山田店を進化させた 川越南古谷店オープン
◇2004年 川越南古谷店の取組みを深めたワカバウォーク店オープン
◆2006年 自社研修施設の川越研修センター開設
◇2007年 会社設立50周年を迎える
◆2010年 創業120周年を迎える
              所沢美原店オープン(東京・神奈川進出に向けた小型店舗フォーマットの先駆け)
◇2011年 立川若葉町店オープン(所沢美原店をさらに進化)
◆2012年 川越的場店オープン(次世代ヤオコーのフラッグシップ店舗)
◇2013年 東大和店オープン(川越的場店のステージアップ板)
 
経営トップの素顔 会長は笑顔がとても印象的な方です。
それは、昔から“商いの心”をもってお客さまと接してきたからだと思います。いつもお客さまのことを想い、どうすればもっと喜んで頂けるかを常に意識され、「笑顔」を全ての基本であるとして大事にされているからこそ、自然と笑顔が出てくるのだと思います。
会長の日常は、当然のごとく激務です。そんな忙しい中でも、週末には欠かさず店舗巡回をされ、店舗で頑張っているメンバーさんたちに率先して「ごくろうさん!」とにこやかにお声がけをされています。それは、店舗で頑張っているメンバーさんたちとのつながりをとても大切にされているからです。
企業は人で成り立っているもので、常々会長は、「企業は人なり」とお話されています。“人と人とのつながりをとても大事にする”そんな会長の「こころからの笑顔」は全メンバーのお手本であると感じています。

経営企画室メンバー

連絡先

〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町1-5
人事部/採用担当 滝口・石井
採用フリーダイヤル:0120-43-8052 (9:30~18:00)
E-mail:jinji-saiyo@yaoko-net.com

モバイル版リクナビでも
この会社を研究!

株式会社 ヤオコー

掲載開始日:2013/12/01
この企業について友達に共有しよう!
この企業をブックマークしている人は、他にこんな企業をブックマークしています
文系

坂本工業株式会社

自動車

群馬

社会福祉法人 敬愛会

福祉関連

埼玉

株式会社ベアーズコーポレーション

レストラン・フード

東京

株式会社ブイ・アール・ピー

情報処理

岐阜

社会福祉法人 永甲会

福祉関連

三重

理系

株式会社 ゴジョウ

住宅

広島

社会福祉法人成祥福祉会

福祉関連

愛知

株式会社神下組

建設

富山

株式会社コモディイイダ

スーパー・ストア

東京

株式会社みうら

建材・エクステリア

山口